fc2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

同一リーグ内でのキャッチャー移籍はマジでヤバイと思ったので、実際に調べてみました

 2023年のプロ野球もレギュラーシーズンが終わり、あとはポストシーズンだけになりました。
 このブログを読んでいる人は、野球どころかスポーツ全般に興味がない人がほとんどだと思うのですが……このブログの現在の存在意義って、「今日私が思ったこと」を書き残しておくことで、数年後に読み返したらめっちゃ面白いみたいなものだと思うので、みなさんの興味に関わらずに私が思ったことを書き残しておこうと思います。


 2023年のプロ野球の一つのトピックに「キャッチャーの大移動」というものがありました。
 埼玉西武ライオンズの正捕手だった「森友哉」がFA移籍でオリックス・バファローズに移籍、押し出されるような形でオリックス・バファローズの二番手捕手だった「伏見寅威」が出場機会を求めて北海道日本ハムファイターズにFA移籍、そこで出番を失った北海道日本ハムファイターズの「宇佐見真吾」が中日ドラゴンズの「郡司裕也」とトレード(※1)と……正捕手や二番手捕手級のキャッチャーが移籍するというシーズンでした。

(※1:正確には「山本拓実&郡司裕也」と「宇佐見真吾&齋藤綱記」の2対2トレード)


 宇佐見と郡司のトレードはセ・リーグとパ・リーグのトレードだからさほど問題はないですが、個人的には同一リーグ内でのキャッチャー移籍は規約か何かで禁止しないとゲームバランスが崩壊するくらいヤバイと思ってます。でも、どうやら、私含めたライオンズファン以外にはこのヤバさがピンと来ていないみたいなんですね。


 「全ピッチャーの情報」が流出するので、ビックリするくらいボコボコに打たれるようになるし。
 「全バッターが相手ピッチャーに対してどういう対策を取っているか」が筒抜けになるので、ビックリするくらいに打てなくなるんですね。


 でも、ボコボコにされる側にならないとそれが分かってもらえないみたいで。なので、同一リーグ内で正捕手級のキャッチャーが移籍した場合、その前後3年の「直接対決の成績」がどのくらい変化したのかをまとめてました。
 最初にこう言っておくのアレなんですが、大量の数字を扱っている記事なので、写し間違いとか計算間違いがあったら優しく教えてくださるとありがたいです。大量の数字を見ているとクラクラしてしまう人間なので……



【細川亨(ライオンズ→ ホークス)】

2008年 ライオンズ 11-(3)-10 ホークス (ライオンズの1勝ち越し)
2009年 ライオンズ 10-(2)-12 ホークス (ホークスの2勝ち越し)
2010年 ライオンズ 14-(0)-10 ホークス (ライオンズの4勝ち越し)
――――ライオンズ→ ホークスへFA移籍――――
2011年 ライオンズ 5-(4)-15 ホークス (ホークスの10勝ち越し)
2012年 ライオンズ 11-(0)-13 ホークス (ホークスの2勝ち越し)
2013年 ライオンズ 8-(1)-15 ホークス (ホークスの7勝ち越し)


 ライオンズファンのトラウマ事例。
 これがあるから森友哉がFA権を取得した際に「移籍するならセ・リーグにしてくれー」と祈ったのだけど、あっさりパ・リーグに即断即決されてしまったとさ。

 細川捕手が移籍するまで、ライオンズにとってのホークスは「互角」もしくは「やや得意」くらいの感覚の相手だったのですが、細川捕手が移籍した途端に「5勝15敗」というグロ成績に豹変します。2012年こそはやや持ち直したみたいですが、2013年以降も「7負け越し」「5負け越し」「9負け越し」「6負け越し」とカモられまくりでした。

 もちろんこれは「2010年代のホークスが強かった」というのもあるでしょうが、逆に言えば「ライオンズがカモられすぎてたせいでホークスが毎年優勝していた」とも言えるのです。

 ちなみに、2017年に細川捕手がホークスを退団すると……
 翌2018年シーズンからは、ライオンズの「1勝ち越し」「1負け越し」「3負け越し」「4勝ち越し」「4負け越し」「1負け越し」と、ほぼ「互角」くらいの対戦成績になります。ライオンズが最下位に終わった2021年シーズンも、「4勝ち越し」しているんです。


 ライオンズファンが「同一リーグ内でのキャッチャー移籍」にナイーブになる理由は大体コレです。「4勝ち越し」ていた相手に「10負け越す」ってことは、細川一人の移籍で借金14喰らっているってことですからね。



【細川亨(ホークス→ イーグルス)】
2014年 ホークス 12-(0)-12 イーグルス (対戦成績イーブン)
2015年 ホークス 16-(1)-8 イーグルス (ホークスの8勝ち越し)
2016年 ホークス 16-(1)-8  イーグルス (ホークスの8勝ち越し)
――自由契約になりホークス→イーグルスへ移籍――
2017年 ホークス 13-(0)-12  イーグルス (ホークスの1勝ち越し)
2018年 ホークス 16-(0)-9 イーグルス (ホークスの7勝ち越し)


 さて、その細川捕手―――
 ホークスを退団した後は、またも同一リーグ内の東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍します。では、この移籍でホークスとイーグルスの対戦成績はどう変化したのでしょうか?

 正捕手ではなかったものの、1年目は長い時期1軍に帯同していました。そのおかげなのか分かりませんが、イーグルス視点で「8負け越し」ていたものが「1負け越し」とほぼ互角の成績になりました。
 しかし、2年目となる2018年は出場機会がほとんどなくなり、チームもホークス相手に「7負け越し」とまたカモられるようになってしまいます。


【細川亨(イーグルス→ マリーンズ)】
2017年 イーグルス 15-(1)-9 マリーンズ (イーグルスの6勝ち越し)
2018年 イーグルス 13-(0)-12 マリーンズ (イーグルスの1勝ち越し)
――戦力外通告を受けてイーグルス→マリーンズへ移籍――
2019年 イーグルス 10-(2)-13 マリーンズ (マリーンズの3勝ち越し)
2020年 イーグルス 15-(1)-8 マリーンズ (イーグルスの7勝ち越し)


 そして、この細川捕手、イーグルスを退団した後はまたも同一リーグ内の千葉ロッテマリーンズに移籍します。プロ野球界の呂布かよ。この2チームの対戦成績の変化を見ると……
 1年目は「終盤に登場する抑え捕手」のポジションでそこそこ出場して、マリーンズ視点で「1負け越し」だったものが「3勝ち越し」になりました。しかし、2年目は2軍ですらあまり出番がなくなり、「7負け越し」とまた苦手な相手になってしまったという。

 細川捕手の移籍が、どれだけ直接対決の結果に影響を及ぼしたのかは分かりませんが……少なくとも細川捕手を獲得するチームは、「ウチが負け越している苦手チームの捕手だったから、ソイツ獲れば対策できるんじゃね?」と考えて獲得しているように思えます。

 「お守り」のようなものかも知れませんが、結果を見るとちゃんと効果があったみたいですし。



【おまけ:細川亨(ホークス→ イーグルス→ マリーンズ)】
2014年 ホークス 12-(2)-10 マリーンズ (ホークスの2勝ち越し)
2015年 ホークス 15-(0)-10 マリーンズ (ホークスの5勝ち越し)
2016年 ホークス 16-(1)-8  マリーンズ (ホークスの8勝ち越し)
――自由契約になりホークス→イーグルスへ移籍――
2017年 ホークス 18-(0)-7  マリーンズ (ホークスの11勝ち越し)
2018年 ホークス 15-(1)-9 マリーンズ (ホークスの6勝ち越し)

――戦力外通告を受けてイーグルス→マリーンズへ移籍――
2019年 ホークス 8-(0)-17 マリーンズ (マリーンズの9勝ち越し)
2020年 ホークス 11-(1)-12 マリーンズ (マリーンズの1勝ち越し)


 細川捕手がイーグルスに在籍していたのはわずか2年で、その後にマリーンズに移籍したということは、むしろ「イーグルスの情報」よりも「ホークスの情報」を持っていたんじゃないかと思うんですね。
 ということで、細川捕手がマリーンズに移籍するまでは「6負け越し」とカモられていたホークス相手に、細川捕手が入った2019年は「9勝ち越し」とカモるようになりました。貯金15ですよ。ホークスがいきなり弱くなったとかではなく、2018年も2019年もホークスはリーグ2位です。

 ライオンズファンにとっても「細川亨」の名はトラウマものですが、ホークスファンにとっても「細川亨」はトラウマになったんじゃないかと思います。「同一リーグ内でのキャッチャー移籍はゲームバランスを崩壊させる」と私が言っているのは、これらの数字が根拠なんです。



【鶴岡慎也(ファイターズ→ ホークス→ ファイターズ)】

2011年 ファイターズ 7-(1)-16 ホークス (ホークスの9勝ち越し)
2012年 ファイターズ 9-(2)-13 ホークス (ホークスの4勝ち越し)
2013年 ファイターズ 12-(0)-12 ホークス (対戦成績イーブン)
――――ファイターズ→ ホークスへFA移籍――――
2014年 ファイターズ 10-(2)-14 ホークス (ホークスの4勝ち越し)
2015年 ファイターズ 9-(1)-15 ホークス (ホークスの6勝ち越し)
2016年 ファイターズ 15-(1)-9  ホークス (ファイターズの6勝ち越し)
2017年 ファイターズ 8-(0)-17  ホークス (ホークスの9勝ち越し)
――――ホークス→ ファイターズへFA移籍――――
2018年 ファイターズ 13-(0)-12 ホークス (ファイターズの1勝ち越し)
2019年 ファイターズ 9-(1)-15 ホークス (ホークスの6勝ち越し)
2020年 ファイターズ 6-(1)-17 ホークス (ホークスの11勝ち越し)


 では、細川亨以外のケースも観てみましょう。
 ライオンズから細川捕手を獲ったはずの福岡ソフトバンクホークスは、わずか3年後にファイターズの鶴岡捕手も獲得して、「全チームのキャッチャーをコレクションするつもりなのか?」と思ったものですが……細川亨が退団した2017年シーズンに、甲斐拓也が台頭したために鶴岡捕手も出場機会が激減、二度目のFA移籍で古巣に帰ることとなりました。

 1度目の移籍でホークス視点で「4の勝ち越し」を作り、2度目の移籍ではファイターズ視点で「9の負け越し」を「1の勝ち越し」にしました。細川捕手ほどではありませんが、移籍によって勝ち星を積み上げているような印象は受けますね。



【相川亮二(ベイスターズ→ スワローズ)】

2006年 ベイスターズ 11-(1)-10 スワローズ (ベイスターズの1勝ち越し)
2007年 ベイスターズ 11-(0)-13 スワローズ (スワローズの2勝ち越し)
2008年 ベイスターズ 9-(0)-15 スワローズ (スワローズの6勝ち越し)
――――ベイスターズ→ スワローズへFA移籍――――
2009年 ベイスターズ 13-(0)-11 スワローズ (ベイスターズの2勝ち越し)
2010年 ベイスターズ 9-(1)-14 スワローズ (スワローズの5勝ち越し)
2011年 ベイスターズ 5-(4)-15 スワローズ (スワローズの10勝ち越し)

 本当は谷繁元信や中嶋聡まで遡りたかったのですが、チームごとの直接対決の成績を残してくれているNPBのデータが2005年までしかなかったため、最古参はこの辺りになります。

 海外FA権を使ってメジャーリーグに挑戦しようとしたものの契約には至らず、ベイスターズに戻ることも出来なくなったため、スワローズへと移籍した相川捕手。怪我で離脱していた時期を除けばバリバリのレギュラー捕手として活躍したのですが、意外なことに1年目はスワローズ視点で「6勝ち越し」ていた相手に「2負け越し」と借金8を作ってしまっています。

 ただ、2010年以降はお得意様としていて2011年には「10勝ち越し」というグロ成績を収めます。このタイムラグはどういうことなんだろう?? とりあえず、細川捕手や鶴岡捕手のケースとはちょっとちがう印象ですね。


【相川亮二(スワローズ→ ジャイアンツ)】
2012年 スワローズ 9-(4)-11 ジャイアンツ (ジャイアンツの2勝ち越し)
2013年 スワローズ 9-(1)-14 ジャイアンツ (ジャイアンツの5勝ち越し)
2014年 スワローズ 11-(0)-13 ジャイアンツ (ジャイアンツの2勝ち越し)
――――スワローズ→ ジャイアンツへFA移籍――――
2015年 スワローズ 12-(0)-13 ジャイアンツ (ジャイアンツの1勝ち越し)
2016年 スワローズ 11-(0)-14 ジャイアンツ (ジャイアンツの3勝ち越し)
2017年 スワローズ 8-(0)-17 ジャイアンツ (ジャイアンツの9勝ち越し)


 その相川捕手も、出場機会を求めて2度目のFA移籍でジャイアンツへ。
 しかし、怪我もあってフルシーズン出場できたとは言えず、そのせいかチームの直接対決の数字もあまり変わっていないですね。



【山崎勝己(ホークス→ バファローズ)】


2011年 ホークス 13-(1)-10 バファローズ (ホークスの3勝ち越し)
2012年 ホークス 13-(2)-9 バファローズ (ホークスの4勝ち越し)
2013年 ホークス 10-(0)-14 バファローズ (バファローズの4勝ち越し)
――――ホークス→ バファローズへFA移籍――――
2014年 ホークス 12-(1)-11 バファローズ (ホークスの1勝ち越し)
2015年 ホークス 16-(0)-9 バファローズ (ホークスの7勝ち越し)
2016年 ホークス 14-(1)-10 バファローズ (ホークスの4勝ち越し)


 各球団のキャッチャーをコレクションしていたホークスですが、そのせいで二番手捕手だった山崎勝己は地元バファローズにFA移籍して出ていってしまいました。その結果どうなったかというと……今までとは逆で、むしろ移籍した先のバファローズに負けが込むようになってしまいました。

 とは言え、データ的には「2013年」だけが特別にバファローズが勝ち越しているだけで、その1年を除けばこの時期の対戦成績は「山崎捕手の移籍」に関係なく、「ホークスがやや勝ち越している」状態が続いているという見方も出来ますね。



【鶴岡一成(ベイスターズ→ ジャイアンツ→ ベイスターズ)】


2005年 ベイスターズ 16-(0)-6 ジャイアンツ (ベイスターズの10勝ち越し)
2006年 ベイスターズ 10-(1)-11 ジャイアンツ (ジャイアンツの1勝ち越し)
2007年 ベイスターズ 8-(0)-16 ジャイアンツ (ジャイアンツの8勝ち越し)
――――交換トレードでベイスターズ→ ジャイアンツへ――――
2008年 ベイスターズ 5-(1)-18 ジャイアンツ (ジャイアンツの13勝ち越し)
2009年 ベイスターズ 6-(0)-18 ジャイアンツ (ジャイアンツの12勝ち越し)
2010年 ベイスターズ 8-(0)-16 ジャイアンツ (ジャイアンツの8勝ち越し)
2011年 ベイスターズ 10-(0)-14 ジャイアンツ (ジャイアンツの4勝ち越し)
――――ジャイアンツ→ ベイスターズへFA移籍――――
2012年 ベイスターズ 4-(3)-17 ジャイアンツ (ジャイアンツの13勝ち越し)
2013年 ベイスターズ 5-(1)-18 ジャイアンツ (ジャイアンツの13勝ち越し)


 鶴岡捕手は最初のベイスターズ時代、次のジャイアンツ時代も二番手捕手というポジションで、第二期ベイスターズ時代に正捕手になった選手だと思うのですが……正直そんな情報がどうでもよくなるくらいに、ジャイアンツがずっとベイスターズをカモにしていて、キャッチャーの移籍とかそんな次元の話ではない気がしますね。

 ちなみに、2005年はジャイアンツが堀内監督が最終的に辞任する年で、ベイスターズがどうこうというよりジャイアンツがとてつもなく弱かった年なのがこの数字に表れている模様です。


【鶴岡一成(ベイスターズ→ タイガース)】
2012年 ベイスターズ 10-(3)-11 タイガース (タイガースの1勝ち越し)
2013年 ベイスターズ 14-(0)-10 タイガース (ベイスターズの4勝ち越し)
――――久保康友のFA移籍の人的補償でベイスターズ→ タイガースへ――――
2014年 ベイスターズ 8-(0)-16 タイガース (タイガースの8勝ち越し)
2015年 ベイスターズ 11-(0)-14 タイガース (タイガースの3勝ち越し)
2016年 ベイスターズ 9-(1)-15 タイガース (タイガースの6勝ち越し)

 そして、その鶴岡(一成)捕手、レギュラーキャッチャーだったのにベイスターズからの評価はあまり高くなかったみたいで、プロテクトをかけられなかったことで人的補償でタイガースに移籍することになります。そして、タイガースでも2年目までは主力選手として活躍したことで、タイガース視点で「4負け越し」を「8勝ち越し」にしたと見ることが出来ます。


 こうして見ると、当たり前なことなんですが……
 「どれだけ1軍で主力捕手として試合に出場しているか」によって、移籍の影響力が変わっているように思えますね。



【森友哉(ライオンズ→ バファローズ)】


2020年 ライオンズ 11-(1)-12 バファローズ (バファローズの1勝ち越し)
2021年 ライオンズ 8-(2)-15 バファローズ (バファローズの7勝ち越し)
2022年 ライオンズ 14-(0)-11 バファローズ (ライオンズの3勝ち越し)
――――ライオンズ→ バファローズへFA移籍――――
2023年 ライオンズ 8-(0)-17 バファローズ (バファローズの9勝ち越し)


 ということで、今シーズンの話です。
 いろんなめぐりあわせもあって2022年はライオンズ視点で「3勝ち越し」ていた相手に、森友哉が移籍したことで「9負け越し」と借金12を課せられたことになりました。こじつけではありますが、今シーズンのライオンズは65勝77敗1分なので、森捕手が移籍したことで発生した「負け分」がそのまんまチームの借金となった形です。

 まぁ、それ以前の2021年(バファローズが優勝して、ライオンズが最下位だった年)も「7負け越し」ているので、移籍がなくてもこれが本来の力関係だと言われればそれまでなんですが……
 「細川亨」に続いて「森友哉」も、ライオンズファンにとってはトラウマの名前になってしまいました。そして、これは恐らく「ライオンズの世代交代が進んで森友哉の知らない選手が主力になる」6~7年後まで続くと思われるので、そりゃライオンズファンは移籍を嘆いても仕方ないでしょう。死にたい。


【伏見寅威(バファローズ→ ファイターズ)】


2020年 バファローズ 11-(1)-12 ファイターズ (ファイターズの1勝ち越し)
2021年 バファローズ 10-(4)-11 ファイターズ (ファイターズの1勝ち越し)
2022年 バファローズ 15-(1)-9 ファイターズ (バファローズの6勝ち越し)
――――バファローズ→ ファイターズへFA移籍――――
2023年 バファローズ 15-(1)-9 ファイターズ (バファローズの6勝ち越し)


 では、森捕手に押し出されるようにファイターズへ移籍した伏見捕手はどうだったかというと……移籍前も移籍後もまったく変わらない対戦結果となりました。
 実は今シーズンの開幕からこの記事を書くつもりだったので、「ライオンズ×バファローズ」と「バファローズ×ファイターズ」の対戦結果を逐次チェックしていたのですが……シーズン前半は、ファイターズが結構がんばってたんですね。4月は3勝2敗とファイターズが勝ち越し、5月も2勝1敗と勝ち越し、「ほら、キャッチャー移籍で露骨に勝ち星稼げるじゃん」と思ったんですよ。しかし、交流戦明けの6~7月に2勝5敗と負け越し始め、最終的にこの結果になったみたいです。


 そう考えると、今季のこの「キャッチャーの大移動」―――バファローズ1人がぼろ儲けした形になるんですね……



【番外編:平石洋介(イーグルス→ ホークス)】


2018年 イーグルス 9-(0)-16 ホークス (ホークスの7勝ち越し)
2019年 イーグルス 12-(0)-13 ホークス (ホークスの1勝ち越し)
――――イーグルス監督を退任→ ホークスのコーチに就任――――
2020年 イーグルス 9-(0)-15 ホークス (ホークスの6勝ち越し)
2021年 イーグルス 11-(4)-10 ホークス (イーグルスの1勝ち越し)


 キャッチャーが「全ピッチャーのデータ」と「相手ピッチャーへの対策のデータ」を持っていくなら、監督とかコーチだってそうじゃないの?と思ったので、イーグルスで監督、ホークスでコーチ、ライオンズでコーチと各チームを渡り歩いている平石洋介さんをピックアップしてみました。

 2018年はイーグルスの一軍ヘッド兼打撃コーチで始まり、6月に監督代行に就任。
 2019年はイーグルスの監督で、リーグ3位になるも契約満了で退任。
 2020年はホークスの一軍打撃兼野手総合コーチとなり、
 2021年はホークスの一軍打撃コーチに専念。

 一応、ホークス視点では「1勝ち越し」だったものを、平石コーチが就任してから「6勝ち越し」には積み上げているんですが、翌年は「1負け越し」とむしろ分が悪くなってしまいました。これだけ見てもよく分かりませんね……



【番外編:平石洋介(ホークス→ ライオンズ)】
2020年 ホークス 13-(1)-10 ライオンズ (ホークスの3勝ち越し)
2021年 ホークス 9-(3)-13 ライオンズ (ライオンズの4勝ち越し)
――――ホークスを退団→ ライオンズのコーチに就任――――
2022年 ホークス 14-(1)-10 ライオンズ (ホークスの4勝ち越し)
2023年 ホークス 13-(0)-12 ライオンズ (ホークスの1勝ち越し)

 そして、工藤監督退任に伴い平石コーチも退団、ライオンズのコーチとして迎え入れられます。

 2022年はライオンズの一軍打撃コーチに就任、
 2023年はライオンズのヘッドコーチに昇格。

 しかし、ライオンズ視点で「4勝ち越し」を「4負け越し」にしてしまうなど、むしろ対戦成績を悪化させてしまいます。


【番外編のおまけ:平石洋介(イーグルス→ ホークス→ ライオンズ)】
2018年 イーグルス 6-(0)-19 ライオンズ (ライオンズの13勝ち越し)
2019年 イーグルス 14-(0)-11 ライオンズ (イーグルスの3勝ち越し)
――――イーグルス監督を退任→ ホークスのコーチに就任――――
2020年 イーグルス 10-(2)-12 ライオンズ (ライオンズの2勝ち越し)
2021年 イーグルス 15-(2)-8 ライオンズ (イーグルスの7勝ち越し)

――――ホークスを退団→ ライオンズのコーチに就任――――
2022年 イーグルス 9-(1)-15 ライオンズ (ライオンズの6勝ち越し)
2023年 イーグルス 10-(1)-14 ライオンズ (ライオンズの4勝ち越し)


 上下動が激しくてよく分かりませんが、2018年まではライオンズの左腕エース菊池雄星がイーグルス相手に抜群の相性だったので大量の貯金を作っていた模様です(2018年の菊池雄星は楽天戦に2敗しているんですが)。
 んで、菊池雄星が抜けた後は、左ピッチャーの層が薄いライオンズがイーグルスの左打者にボコボコに打たれることもあって、やや苦手な相手でした。それが、平石コーチ就任後は割と得意な相手に変わったこともあって……

 こう見ると、「1軍打撃コーチ」よりも「監督」クラスの方が多くのデータを持っているため、直近の「監督」が他チームに移った方が影響が大きいように思えますね。そりゃそうか。





○ まとめ

 相川亮二捕手のような例外がないワケじゃないんですが、基本的には「出場機会の多い捕手」が移籍して、「移籍先でも出場機会が多い」場合ほど勝ち星が積み上がっているように思えます。

 もちろん実際には、野球はキャッチャー1人でやるものじゃないし、もっと複雑な要因があるとは思うのですが……他のポジションに比べて、キャッチャーの移籍は露骨に勝敗数を激変させているように思うんですね。

 「規約で禁止しろ」は言いすぎだと思いますが、「同一リーグ内でのキャッチャー移籍」がどれくらいヤバイのかをみなさんに知ってもらえたらなって願います。
 ライオンズファンの私は、早く「ライオンズの世代交代が進んで森友哉の知らない選手が主力になる」6~7年後にならないかなぁと思っていますが……その頃にはまた次の正捕手がFA移籍して、また別のチームにボコボコにされるのかなぁと今から絶望しています。死にたい。

| ひび雑記 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://yamanashirei.blog.fc2.com/tb.php/2976-f5e50596

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT