fc2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

予定していた長編小説の中止と、当面は短編小説をがんばっていくという告知

 元々は2020年内に書き始めると言っていた長編小説ですが、年末の体調不良で書き始めることが出来ず、それでも年明け後に書き始めるつもりでイメージイラストやプロットを制作していたのですが……どうしてもイイ結果になるとは思えなくなってしまったため、制作中止にします。

 楽しみにしてくださった方々には申し訳ない……


 言い訳というか、どういう狙いで書くつもりだったかを明かしますと―――
 『カカない』がビックリするくらい最後まで読んでもらえなかったことを受けて、制作のやり方を変えようと思ったんですね。今までの私は、最後の最後のラストシーンまでしっかり考えてから書き始めていたのですが、これだと「最後まで読めば面白いと思ってもらえる」自信はあっても「序盤で読むのをやめられてしまう」ジレンマがあって。

 なので、予定していた長編小説は、一応の「こう進んだら面白いかな」という脳内プロットはあるものの、それに捉われずに1話1話面白いものを「この先どうなるのか」を考えずに、書き溜めなしで読者の反応なんかを見ながら書いていこう―――というコンセプトでした。そのため、いつ終わるのか、どう着地するのか分からない小説だったんですね。

(関連記事:結末を考えてからストーリーを考えますか、結末を考えずにストーリーを考えますか



 しかし、自分みたいな底辺の小説書きだと「読者の反応」なんか来るのか? というそもそもの疑問が湧いてきました。カクヨムに投稿した『カカない』のアクセス数を見ると、大多数の人は1話で読むのをやめていて、最後まで読んでくれた人は4人とかのレベル。LINEノベルに投稿した時も6~7人くらいだったので、被りがなかったとしても10人前後です。

 裏アカで書いているエロ小説はその100倍以上の人に読んでもらっていますが、それでも読者からの反応はめったに来ません。「読者からの反応を見ながらストーリーを考えていく小説」なんてものは、今の自分のアクセス数では出来ないんじゃないかと思いました。少なくとも、それをやりたいのならまずは「やまなしの書く小説を楽しみにしてくれる人」を増やさないといけないだろうと思うんですね。


 また、私の創作活動はとにかく手が遅く、数を作れてきませんでした。
 漫画はそれでも仕方ないとしても、小説はもうちょっとたくさん書かなくちゃダメだと思うんですね。安打数を増やすためには、まず打席に立つ回数を増やさないと―――

 打席に立つ回数を増やすために長編小説を中止にするの? と思われるかもですが、限られた時間を割いて創作するものが、いつ終わるか作者自身も分からない長編小説でイイのか?と思ったのです。その1本に賭けるよりも、読む側にとっても書く側にとっても気軽に手が出せる短編小説をとにかくたくさん書いた方がイイんじゃないか?と思ったんですね。



 ということで、2月からはカクヨムに短編小説を書いていきます。
 「長編小説は読む気にならない」という人にも読んでもらえたら嬉しいです。

| 小説創作 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

短編小説楽しみにしています。

なんというか、ついに「カカない」以来のやまなしさんの小説が読めそうな感じで、とても楽しみです。正直、裏アカのエロ小説を自分は読んでいない(普段読まないジャンル+文章だけでやまなしさんを探すのは困難そうでめんどくさい)ので、待ってましたという感じです。

エロ小説の経験を得た上でやまなしさんがどんな短編小説を書くのか、もともとアダルトゲームのシナリオを作っていた作家さんが某アニメをヒットさせたみたいに、とっても面白くなりそうなので期待して待ちたいと思います。

| ヤタロウ | 2021/01/30 13:59 | URL |

>ヤタロウさん

 短編は、マジで「肩の力を抜いて気軽に書く」つもりなので、そんなに気合入れて待たないで……!

 真剣に考えている長編もいくつかあるんですが、多分こういう気合の入った長編は今書いても読んでくれる人が多くないと思うので、とにかくショートショートみたいなのをたくさん書いてカクヨムのフォロワーを増やすのが当面の目標ですね。

| やまなしレイ(管理人) | 2021/01/30 23:46 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://yamanashirei.blog.fc2.com/tb.php/2800-bf06b7d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT