FC2ブログ

やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

2020年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2021年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

やまなしが2020年に観たアニメ・2020年に遊んだゲーム

 本当は年内に近況報告の記事を書いて、そこから今年遊んだゲームをまとめようと思っていたのですが……年末に体調を崩してしまって、その時間も体力もなくなってしまいました。
 なので、ただ今年観たアニメ・遊んだゲームを列挙するだけの記事にします。新年に生配信などで「2020年はどうだったのか」を語る機会もあるだろうから、まとめてはおかないとなと思いましたんで。




【2020年に観たアニメ】

<1~3月アニメ>
・『推しが武道館いってくれたら死ぬ』
・『へやキャン△』
・『バビロン』 ※10~12月アニメから継続
・『恋する小惑星』
・『映像研には手を出すな!』
・『空挺ドラゴンズ』
・『アズールレーン』 ※10~12月アニメから継続
・『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』
・『BanG Dream! 3rd Season』→ 次クール継続
・『とある科学の超電磁砲T』→ 次クール継続


 リストに載せているのは「全話観たアニメ」だけです。
 『バビロン』と『アズールレーン』は昨年の秋アニメでしたが後半は放送延期になったため、冬アニメとして放送されて完結しました。『バビロン』はマジですごいアニメだったけど、トンデモなさすぎて観終わった後に「もう二度と観たくない」と思わせられたほどでした……

 『推し武道』は放送時間が他と被っていたため最初スルーしていたのが、評判が良くてネット配信で観てハマりました。相変わらずの「放送前に自分に合う作品かどうかを察する能力」の低さが露呈されたというか。
 このクールの後半から新型コロナの影響が出始めて、『超電磁砲』は続きがなかなか放送されなかったりしましたね。


<4~6月アニメ>
・『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦?~』
・『プリンセスコネクト!Re:Dive』
・『BanG Dream! 3rd Season』 ※1~3月アニメから継続
・『乙女ゲームの破滅フラグしか無い悪役令嬢に転生してしまった…』
・『とある科学の超電磁砲T』→ 次クール継続 ※1~3月アニメから継続
・『天晴爛漫!』→ 次クール継続
・『放課後ていぼう日誌』→ 次クール継続


 新型コロナの影響をモロに受けた春アニメ。
 自分の観ているアニメでも『天晴爛漫!』と『放課後ていぼう日誌』は最初の数話だけ放送して、残りは夏アニメに延期になってしまいました。

 緊急事態宣言などで日本全体が暗く落ち込んだ時期でしたけど、そんな中でも『プリコネ』のアニメは「明るく優しい世界」ですごい元気をもらったのと……放送延期続きながら、何とか大覇聖祭編を走り切った『超電磁砲』に感動しました。終盤の局地戦はムチャクチャ熱かった。


<7~9月アニメ>
・『デカダンス』
・『とある科学の超電磁砲T』 ※4~6月アニメから継続
・『放課後ていぼう日誌』 ※4~6月アニメから継続
・『天晴爛漫!』 ※4~6月アニメから継続
・『Lapis Re:LiGHTs』
・『A.I.C.O.』
・『Re:ゼロから始める異世界生活 第2期』→ 1~3月クールへ継続


 新型コロナの影響で放送数が激減した夏アニメですが、分割2クールに変わった『Re:ゼロ』を除けば放送延期になることもせず、アニメ業界の底力を感じたクールでもありました。

 オリジナルアニメゆえにあまり話題になっているのを見かけなかったけど、『デカダンス』は近年の「原作なしの完全オリジナルアニメ」の中でも屈指の出来だったんじゃないかと思います。とにかく燃えるシーンの連続で、ロボットアニメじゃないんだけど、熱血ロボットアニメなんかが大好きだった人には是非観て欲しい作品でした。



<10~12月アニメ>
・『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』
・『無能なナナ』
・『ゴールデンカムイ』
・『ご注文はうさぎですか?BLOOM』
・『アクダマドライブ』
・『アサルトリリィBOUQUET』
・『おちこぼれフルーツタルト』
・『D4DJ First Mix』→ 次クール継続
・『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』→ 次クール継続


 春と夏の鬱憤を晴らすかのような数のアニメが放送された秋アニメ、『虹ヶ咲』は2020年型の『ラブライブ!』を観させられた気がしました。私はかすみんが好きです。

 これもあまり話題を観なかったけど、『ゴールデンカムイ』の3期と、『ごちうさ』の3期も良かったです。特に『ごちうさ』の3期はハロウィン回が白眉で、「ハロウィンの設定をちゃんと活かした話」を私は初めて観た気がします。ただ単に、女の子にコスプレさせるだけの日じゃないんですよ!

 『無能なナナ』『アクダマドライブ』『アサルトリリィ』と重い作品を摂取し続けた反動なのか、『D4DJ First Mix』のひたすら明るいノリに癒されて、2話の「気分上々↑↑」を観てから即ゲームを始めたりもしましたっけ。
 アニメを観て「次の話まで1週間待つ」だけじゃなくて、「ゲームを始める」という選択肢があるのがメディアミックス作品の良いところなんだなーと思いました。だから、他のメディアミックス作品だとよくあるアニメ放送している時点でゲームがまだ始まっていないというのは、結構な損失じゃないかと思うんですよ。




【2020年に遊んだゲーム】
 ☆は今年発売になったゲーム。
 ★は移植版などが今年出たゲーム。

<Nintendo Switch>
・『サバクのネズミ団 !改。』→ クリア
・『プチコン4 SmileBASIC』→ 引退
☆『あつまれ どうぶつの森』→ 引退
★『グノーシア』→ クリア
・『ヘッドライナー:ノヴィニュース』→ クリア
☆『世界のアソビ大全51』→ 引退
・『Ape Out』→ クリア
・『フォーゴットン・アン』→ クリア
★『タケシとヒロシ』→ クリア
・『グーニャファイター』→ クリア
・『シンフォニック=レイン』→ クリア
・『THE 麻雀 LITE』→ クリア
・『本格AI搭載 銀星麻雀』→ クリア
・『最強の麻雀 ​~100万人のための​麻雀道場~』→ 途中終了
★『勇者死す。ディレクターズカット』→ 途中終了
☆『SUPER MARIO BROS. 35』→ 引退
・『オーバーウォッチ』→ 引退 ※いっせいトライアル
・『ロケットリーグ』→ 引退
☆『天穂のサクナヒメ』→ プレイ継続中
・『火吹山の魔法使い』→ クリアしたけどプレイ継続中
・『リングフィットアドベンチャー』→ プレイ継続中


<ゲームキューブ>
・『ペーパーマリオRPG』→ クリア
・『どうぶつの森e+』→ 引退
・『マリオパーティ4』→ クリア


<スーパーファミコン>
・『初代熱血硬派くにおくん』→ クリア
・『戦え原始人3 主役はやっぱりJOE&MAC』→ クリア
・『パネルでポン』→ 途中終了
・『スーパーマリオワールド』→ 途中終了
★リメイク版『スーパーマリオブラザーズ』→ 途中終了
・『スーパーファミリーテニス』→ クリア


<ファミコン>
・『パンチアウト!!』→ 途中終了
★『ガンデック』→ クリア
・『麻雀』→ クリア
★『アトランチスの謎』→ クリア


<プレイステーション2>
・『SIREN』→ クリア

<セガサターン>
・『ROOMMATE~井上涼子~』→ クリア
・『ROOMMATE~涼子 in Summer Vacation~』→ クリア
・『七つ風の島物語』→ クリア
・『ぷよぷよ通』(セガサターン版)→ クリア
・『ファンタジーゾーン』→ クリア
・『卒業S』→ クリア(…?)


<メガドライブ>
・『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』→ 途中終了

<PCゲーム>
・『Unrailed!』→ 引退
・『Limbo』→ クリア
・『ABZÛ』→ クリア
☆『A Short Hike』→ クリア


<スマートデバイス>
・『プリンセスコネクト!Re:Dive』→ 途中終了
☆『ロストディケイド』→ 途中終了
・『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』→ プレイ継続中
☆『D4DJ Groovy Mix』→ プレイ継続中


 この手の「年間で面白かったゲーム」みたいな記事を書くと「今年に発売になったゲームかどうか」が重要だと思うので、今年に発売になったゲームは☆(海外では以前から出てたけど日本でようやく発売になっていたものも含む)、移植版が今年出たゲームは★で表記しました。
 その結果、『スーパーマリオコレクション』が今年移植版が出たゲームということになっちゃったけど、まぁイイか(笑)。


 ということで私、2020年に発売した新作ゲームって……7本しか遊んでいないんですね。その中でもちゃんとガッツリ遊んだのは『あつまれ どうぶつの森』『世界のアソビ大全51』『SUPER MARIO BROS. 35』『D4DJ Groovy Mix』の4本なので、今年出たゲームのベスト5みたいな記事は書けませんね(笑)。

 んで、私の「2020年のゲームライフ」を総括すると……私にとって2020年は、Discordの年でした!
 正月の『Unrailed!』をボイスチャットでワイワイ言いながら遊んだのを始めとして、1月は『ソニック3』をSteam Remote Play Togetherで遊ぼうとして大変な目にあって。3月~4月は『あつまれ どうぶつの森』で大活躍してもらって、5月は『初代熱血硬派くにおくん』のレベル上げのお供に雑談したりなんかして。6月は『世界のアソビ大全』を画面共有で遊んで、7月~9月はその画面共有機能を活かしてアドバイスをもらいながら『SIREN』をクリアして―――と、年間通してずっとDiscordの「ボイスチャット」と「画面共有」のお世話になった年でした。

 もちろんDiscord自体は以前から使っていたんですけど、今年は新型コロナの影響もあって「オンラインで一緒に遊べるゲーム」の需要が高く(『あつまれ どうぶつの森』『世界のアソビ大全51』『Fall Guys』『桃鉄』などなど)、世間的にもボイスチャットや無料通話が普及したからこそのヒットというのはあったんじゃないかと思います。



 ってなカンジで、2020年の私のアニメ・ゲーム振り返りでしたー。
 皆様も健康にお気を付けて、よいお年をお迎えください。ではではー。

| ひび雑記 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2021年1月近辺から始まる冬アニメ全作品を三行ずつで紹介していきます!

 3ヶ月に1度の定例記事です!

 1月近辺に始まる冬アニメ全作品を紹介する記事で、1年前の冬アニメは39作品でしたが、今年は今のところ36作品が確認できています。

 ストーリーの続きから始まる「2期モノ」「3期モノ」と、本編を知っていることが前提じゃないかなぁと思われる「スピンオフもの」は省いています。これがムチャクチャ多くて26作品と、1年前の8作品や秋アニメの15作品と比べてもとてつもなく多くなっているのに、新作アニメもそこまで減っていないのは意外でした。
 でもまぁこの数字は、例えば「連続2クール作品の2クール目」はカウントされないのに「分割2クール作品の2クール目はカウントされる」みたいな微妙なデータなので参考までに。


・見所を紹介する文章は、全作品「三行ずつ」にします
・放送日のリストは、リンクを貼っておくのでそちらを見てください
・PVのスクショを載せているので、PVを観たい人はリンク先に飛んでください
・上から7番目までは「以前の7作品紹介する記事」と同じように選んでいます
・イメージが伝わるように原作本の画像を載せていたのを、以前はキンドル本と紙の本の両方の画像を載せていましたが、それを片方のみにします(キンドル本があればキンドル本を優先)


 今回も、どの作品がどこに書いてあるのかを探しやすいように索引を作りました。この索引だけ読んで「もういいや」と読むのをやめる人も多くなりそうですが、それでも別にイイかなと思いましたんで。

『ワンダーエッグ・プライオリティ』
『蜘蛛ですが、なにか?』
『SK∞ エスケーエイト』
『弱キャラ友崎くん』
『天地創造デザイン部』
『ゲキドル』
『IDOLY PRIDE』
『裏世界ピクニック』
『2.43 清陰高校男子バレー部』
『ホリミヤ』
『怪物事変』
『俺だけ入れる隠しダンジョン』
『アイカツプラネット!』
『無職転生~異世界行ったら本気だす~』
『回復術士のやり直し』
『天空侵犯』
『魔道祖師』
『スケートリーディング☆スターズ』
『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』
『WIXOSS DIVA(A)LIVE』
『装甲娘戦機』
『舞妓さんちのまかないさん』
『WAVE!!~サーフィンやっぺ!!~』
『怪病医ラムネ』
『プレイタの傷』
『アイ★チュウ』
『アイドールズ!』
『SDガンダムワールド 三国創傑伝』
『オルタンシア・サーガ』
『バック・アロウ』
『PUI PUI モルカー』
『EX-ARMエクスアーム』
『エビシー修業日記』
『キンタマーニドッグ』
『幼女社長』
『じみへんっ!!~地味子を変えちゃう純異性交遊~』




↓ ↓

◇ 『ワンダーエッグ・プライオリティ』
 <公式サイト女女女女放送情報配信情報
・1990年代に一世を風靡したドラマ脚本家:野島伸司さんが手がけるオリジナルアニメ
・主人公達は14歳の少女達で、演じる声優さん達もミューレの16歳など若手ばかり
・異業種の人が関わるアニメは不安もあるのだけど、絵がめっちゃキレイなので観ます!

ワンダーエッグ・プライオリティ
完全新作オリジナルTVアニメーション「ワンダーエッグ・プライオリティ」第1弾PVより引用>



↓ ↓

◇ 『蜘蛛ですが、なにか?』
 <公式サイト女男女男女放送&配信情報

・原作は「小説家になろう」で連載されている異世界転生モノで、「魔物転生」モノです
・高校の1クラス全員がバラバラに転生した結果、主人公の女のコだけ蜘蛛になったという
・なろうの「異世界」モノをよく研究した上で、その定石を外した作品と言われていますね

蜘蛛ですが、なにか?
TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」PV第1弾 2021年1月8日より連続2クール放送開始!より引用>



↓ ↓

◇ 『SK∞ エスケーエイト』
 <公式サイト男男男男男放送&配信情報
・元京アニで『Free!』などを手がけた内海紘子監督によるオリジナルアニメです
・題材はスケボーだけど、やるのは「ルール無用の危険な極秘レース」なのが面白そう!
・朝日系列の土曜深夜枠はスポーツアニメ路線なのかな? これがスポーツかはさておき

SK∞ エスケーエイト
TVアニメ「SK∞ エスケーエイト」第3弾PVより引用>



↓ ↓

◇ 『弱キャラ友崎くん』
 <公式サイト男女女女女放送&配信情報

・原作はガガガ文庫のライトノベルで、ジャンルは学園ラブコメものです
・日本屈指の格ゲーマーながら非リア充の主人公が、「人生」という神ゲーと向き合う話
・「ゲーマー視点で現実を攻略するラブコメ」は珍しくないけど格ゲーに例えるの面白いなと

弱キャラ友崎くん
TVアニメ「弱キャラ友崎くん」本PVより引用>



↓ ↓

◇ 『天地創造デザイン部』
 <公式サイト男女男男男放送&配信情報

・原作は月刊モーニングtwoで連載中のギャグ漫画で、“生き物創造お仕事コメディ”です
・天地を創造した神が面倒になって下請けに出した「生き物」のデザイナー達の話
・要は「この変な動物はどうしてこんななの?」を神の目線で描いていく動物ギャグですね

天地創造デザイン部
TVアニメ「天地創造デザイン部」本PVより引用>


↓ ↓

◇ 『ゲキドル』
 <公式サイト女女女女女放送&配信情報
・少女達の演劇を描いたメディアミックスもの。ありがちと思いきや、都市に穴開いてる!?
・劇中劇もアニメ化されたり、舞台も決まってたり、虚構と現実がごちゃごちゃする作品かな
・キャラクター原案&コミカライズが関谷あさみさんなので推したい!が、放送局、少なっ!

ゲキドル
TVアニメ「ゲキドル」PV・2021年1月放送開始!より引用>



↓ ↓

◇ 『IDOLY PRIDE』
 <公式サイト女男男女女放送&配信情報
・サイバーエージェントやミュージックレイン等によるアイドルを描いたメディアミックス作品
・メインはミューレを始めとした若手声優だけど、ライバル枠でスフィアやTrySailの人達も
・そして、レジェンド枠に神田沙也加!むっちゃ気合の入ったプロジェクトなのはよく分かる

IDOLYPRIDE -アイドリープライド-
TVアニメ「IDOLYPRIDE -アイドリープライド-」トレーラーより引用>




↓ ↓

◆ 『裏世界ピクニック』
 <公式サイト女女女女放送&配信情報

・原作はハヤカワ文庫JAのホラー小説で、インターネット上の怪談がモチーフなのだとか
・謎だらけの裏世界を「女子ふたり」で逃げ回るサバイバルで、かつ「百合」要素もあると
・主演の花守ゆみりさんは、かたや緩いキャンプをしつつ、こっちではサバイバルするという

裏世界ピクニック
TVアニメ「裏世界ピクニック」PV第2弾より引用>



↓ ↓

◆ 『2.43 清陰高校男子バレー部』
 <公式サイト男男男男男放送&配信情報

・原作は集英社から出ている青春バレーボール小説で、今季のノイタミナ枠です
・東京のバレー強豪中学から福井に戻ってきた幼馴染は、トラブルメーカーになっていた
・から始まる、高校のバレー部を舞台にした王道の部活動ものみたい。人気なりそう!

243 清陰高校男子バレー部-2
TVアニメ「2.43 清陰高校男子バレー部」第2弾本PV 2021年1月7日 よりフジテレビ”ノイタミナ”ほかにて毎週木曜日24:55から放送開始!より引用>




↓ ↓

◆ 『ホリミヤ』
 <公式サイト女男男女男放送&配信情報

・元々は『堀さんと宮村くん』という作者のサイトに連載されていた4コマ漫画
・それを再構成して作画も別の人が担当して月刊Gファンタジーで連載しているのが今作
・高校生の日常と色々な友情・恋愛の形を描く作品で、テレビドラマ化も決まっています

ホリミヤ
TVアニメ「ホリミヤ」本PVより引用>



↓ ↓

◆ 『怪物事変』
 <公式サイト男男男男男放送&配信情報

・原作はジャンプスクエアで連載中の“怪物(けもの)”の出てくるファンタジー漫画です
・“怪物”が引き起こす事件を解決する探偵事務所が舞台、だけどPV見るとバトルもの?
・主人公達も“怪物”なので、その能力も使う能力バトルものってところですかね

怪物事変
TVアニメ「怪物事変(けものじへん)」PV②より引用>



↓ ↓

◆ 『俺だけ入れる隠しダンジョン』
 <公式サイト男女女女女放送&配信情報

・原作は「小説家になろう」にて連載されているファンタジーもの(not異世界転生・転移)
・隠しダンジョンで超強力スキルを手に入れたけど、その使用には「LP」が必要だった
・「LP」は性欲・食欲・物欲を満たすことで補充される……ので、エロイ作品みたいです!

俺だけ入れる隠しダンジョン
TVアニメ『俺だけ入れる隠しダンジョン』PV第2弾より引用>



↓ ↓

◆ 『アイカツプラネット!』
 <公式サイト女女女女女放送情報
・バンダイのアーケードゲームとアニメが連動した人気シリーズの第5作目です
・なんと、今作は日常パートが実写になって、アイカツ!パートがアニメになるという
・「三次元と二次元の融合」としては自然な形なんだけど、アイカツ!がそれをやるとは

アイカツプラネット!
テレビ番組「アイカツプラネット!」スペシャルムービーより引用>



↓ ↓

◆ 『無職転生~異世界行ったら本気だす~』
 <公式サイト男女女女男放送&配信情報

・「小説家になろう」原作の異世界転生もので、そのパイオニア的な作品らしい…本当?
・主人公がトラックに轢かれて死亡→ 転生、前世の記憶を活かして活躍していく話
・ということで、今となっては王道すぎる展開をまっすぐやっていく作品になるのかなと

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~
TVアニメ『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』PV第3弾/2021年1月10日放送開始・毎週日曜24:00TOKYO MXほかより引用>



↓ ↓

○ 『回復術士のやり直し』
 <公式サイト男女女女女放送&配信情報

・原作は「小説家になろう」に連載されていたファンタジー作品(not異世界転生・転移)
・読み手を選ぶ残酷描写が特徴で、主人公も復讐に取りつかれた正義とは言いづらい人
・1周目の旅で仲間から暴力の限りを受けたことで、世界をやり直して復讐しようとしている

回復術士のやり直し
TVアニメ「回復術士のやり直し」PV第2弾より引用>



↓ ↓

○ 『天空侵犯』
 <公式サイト女女女男男2月からNetflix独占配信

・原作はDeNAのアプリ「マンガボックス」で連載されていたサスペンス漫画です
・吊り橋でつながれた超高層ビルの上階で、仮面の殺人鬼から追い回される話
・閉鎖空間でのデスゲームものを、超高層でやっているというカンジかな。グロ注意

天空侵犯
『天空侵犯』ティザーPVより引用>



↓ ↓

○ 『魔道祖師』
 <公式サイト男男男女男放送&配信情報
・原作は中国のオンライン小説で、古代中国を舞台にしたボーイズラブものらしい
・中国では既に2期まで配信されていたけど、今回初の日本語吹き替え版なのだとか
・ということで、吹替キャスト以外は中国で作られ中国で配信されたアニメなんですね

魔道祖師
【主題歌・キャスト解禁】TVアニメ「魔道祖師」第3弾PV(OP|CIVILIAN、ED|Aimer)より引用>



↓ ↓

○ 『スケートリーディング☆スターズ』
 <公式サイト、男男男男男、放送&配信情報
・実在しない「5人同時に滑るフィギュアスケート競技」を描くオリジナルアニメです
・要はフィギュアを「チーム競技」にしたもので、『ユーリ!!!』とは差別化できてるかなと
・原作・総監督を谷口悟朗さんが務めているのだけど、今季は谷口作品が2本あることに

スケートリーディング☆スターズ
TVアニメ『スケートリーディング☆スターズ』 PV②より引用>



↓ ↓

○ 『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』
 <公式サイト男女女女女放送&配信情報

・原作はGA文庫のライトノベルで、ファンタジーものです(not異世界転生・転移)
・村で最弱の少年が軍人になるために都会に出てきたが、実はその村が異常だった!
・チート性能主人公なのに自分ではそれに気付いていない、というのがポイントですね

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語
TVアニメ『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』放送直前PVより引用>



↓ ↓

○ 『WIXOSS DIVA(A)LIVE』
 <公式サイト女女女女女放送&配信情報
・タカラトミーのTCG『WIXOSS』のアニメ第5弾、今までとは話は繋がっていない…はず
・バーチャル空間の中に入ってプレイヤー自身がルリグとなって、歌ったりする…らしい
・俺『WIXOSS』詳しくないけど、今までとは全然毛色がちがうことは分かる!!

WIXOSS DIVA(A)LIVE
TVアニメ『WIXOSS DIVA(A)LIVE』 PVより引用>



↓ ↓

○ 『装甲娘戦機』
 <公式サイト女女女女女放送&配信情報
・『ダンボール戦機』の派生作品で、女の子達がLBXを身にまとって戦うという設定
ブラウザ&スマホゲームが5月に始まっているのだけど、キャラやストーリーは別物らしい
・元の『ダンボール戦機』を知っていると、このキャラがこのLBXかーと楽しめるってことかな

装甲娘戦機
TVアニメ『装甲娘戦機』ティザーPVより引用>



↓ ↓

■ 『舞妓さんちのまかないさん』
 <公式サイトはまだありません>

・原作は少年サンデーで連載中の「ふつうの日のごはん」を描く漫画です
・京都の花街で、舞妓さん達が暮らす置屋にてまかない料理を作る少女が主人公
・2月からNHKワールド JAPANで、秋からEテレで放送予定。これは冬アニメなのか?

舞妓さんちのまかないさん
「舞妓さんちのまかないさん」PVより引用>



↓ ↓

■ 『WAVE!!~サーフィンやっぺ!!~』
 <公式サイト男男男男男放送情報
・MAGES.によるメディアミックス作品で、スマホ用ゲームも予定されています
・大洗の海から始まって様々な海に進む、サーフィンに青春をかける少年たちの物語
・劇場版3部作が既に公開されていて、TV版はその完全版という立ち位置らしい?

WAVE!!~サーフィンやっぺ!!~
「WAVE!!~サーフィンやっぺ!!~ 」 PV TVシリーズ篇より引用>



↓ ↓

■ 『怪病医ラムネ』
 <公式サイト男男女男男放送&配信情報

・原作は月刊少年シリウス→マンガボックスで連載中の現代ファンタジー漫画です
・人の心の悩みなどに入りこんで様々な症状を引き起こす“怪病”を治す医者の話
・例えば、第1話では「目からマヨネーズが出てくる病気」が出てきます。ぎゃーーーー!

怪病医ラムネ
TVアニメ『怪病医ラムネ』第2弾PV【1月9日(土)放送開始】より引用>



↓ ↓

■ 『プレイタの傷』
 <公式サイト男男男男男放送&配信情報

・フロンティアワークスによるメディアミックス作品「PROJECT SCARD」のアニメ版
・国から見捨てられた東京の暁特区を舞台に、神獣の力を持ったタトゥーの男達を描く
・ケルベロスとかケットシーとかの神獣の能力を使ったバトルものってことかと思います

プレイタの傷
【PROJECT SCARD】2021年1月アニメ化決定!「プレイタの傷」より引用>



↓ ↓

■ 『アイ★チュウ』
 <公式サイト男男男男男放送&配信情報

・原作はリベル・エンタテインメントのスマホ用ゲームで、男性アイドルを育成していきます
・ゲームは2015年に始まっているので、既に舞台などの展開もしてて、アニメはこれが初
・各ユニットにそれぞれ特色があるのだけど、全員が男の娘のユニットなんているのか……

アイ★チュウ
アニメ『アイ★チュウ』第四弾PV 2021年1月6日より放送開始!より引用>



↓ ↓

■ 『アイドールズ!』
 <公式サイト女女女女放送&配信情報
・元々は、シンエイ動画と81プロデュースによるオーディション企画で選ばれた新人声優
・この4人はVtuberとして毎週ゲーム実況とかもしているのだけど、そのキャラでのアニメ
・アニメは彼女達の日常を描きつつ、ライブハウスの満席を目指す話になるみたい

アイドールズ!
アニメ『アイドールズ!』PV 2021年1月8日(金)放送開始!より引用>



↓ ↓

■ 『SDガンダムワールド 三国創傑伝』
 <プロジェクト全体の公式サイト

・『三国志』をモチーフとしたSDガンダムだけど、過去の『BB戦士三国伝』とは全てを一新
・海外では既に配信されていて、日本では2月末から配信&放送が始まります
・ガンダムも三国志も知っていると「このキャラがこのMSかー」と眺めるだけでも楽しい

 ※ 日本向けのPVはまだないみたいです



↓ ↓

□ 『オルタンシア・サーガ』
 <公式サイト男男男女男放送&配信情報
・原作は2015年から続いているスマホ用のRPGで、リメイク版『R』も配信予定
・国と国の争いや、国の中での内乱なんかを描く「戦記もの」ってジャンルだと思います
・PVを見るとストーリーがよく分かる反面、結構なネタバレだと思うので気を付けてね!

オルタンシア・サーガ
TVアニメ「オルタンシア・サーガ」第3弾PV | 2021.1.6 ON AIRより引用>



↓ ↓

□ 『バック・アロウ』
 <公式サイト男女女男男放送&配信情報
・谷口悟朗・中島かずき・大高忍(敬称略)というビッグネームが並ぶオリジナルアニメ
・ブライハイトという「信念」を具現化したロボットになって(?)戦うロボットものみたい
・壁に囲まれた世界で、主人公はどうやら壁の外からやってきたっぽいのがポイントかな

バック・アロウ
TVアニメ『バック・アロウ』PV第2弾/2021年1月放送開始より引用>



↓ ↓

□ 『PUI PUI モルカー』
 <公式サイト、モルモルモルモルモル、放送情報は公式サイト参照>
・モルモットが車になった世界を描くストップモーションアニメ、声優は本物のモルモット!
・現実ではイライラしがちな車社会を、可愛いキャラで描いて癒されようという作品みたい
・監督の見里朝希さんは国内外の賞を受賞した、この業界期待の新鋭だそうです

PUI PUI モルカー
TVアニメ『PUI PUI モルカー』PVより引用>



↓ ↓

□ 『EX-ARMエクスアーム』
 <公式サイト男女女男女放送&配信情報

・原作はグランドジャンプ→ジャンプ+にて連載されていたSF漫画で、本編は完結済
・2030年の日本を舞台に、「EX-ARM」という兵器を巡る警察と犯罪組織の戦いを描く
・ちなみに主人公はトラックに轢かれた後『EX-ARM』No.00という“脳”だけになってます

EX-ARMエクスアーム
TVアニメ『EX-ARMエクスアーム』公式プロモーションビデオより引用>



↓ ↓

□ 『エビシー修業日記』
 <公式サイト、男女男男男、放送情報は公式サイト参照>

・エビシーは朝日放送(ABC)のマスコットキャラで、そのキャラがTV局に入社するアニメ
・主役のCV.は悠木碧さんだし、主題歌は藤井フミヤさんだし、どうしてこんな豪華なの?
・水の生き物が擬人化されて働いている設定もなかなか面白そう。9分アニメだそうです

エビシー修業日記
エビシー 修業日記PVより引用>



↓ ↓

□ 『キンタマーニドッグ』
 <公式サイト、男女?男女、放送情報は公式サイト参照>
・野性爆弾のくっきー!さんがキャラクターデザインと出演もしているアニメ。全50話予定
・インドネシアのバリ島に実在する犬種です。この犬が父親を探す旅に出るとか
・その他のキャストは蒼井翔太さん・降幡愛さん・森川智之さんとめっちゃ豪華

 ※ PVはまだありません



↓ ↓

□ 『幼女社長』
 <公式サイト女女女女配信情報

・原作は藤井おでこさんによるWEB漫画で、5歳児が社長をするギャグ漫画です
・1月1日から全話一挙配信されるそうな。すごい、Netflixのアニメのようだ
・これも日高里菜さんを始めとしてキャストが超豪華。グッスマからワニのグッズも出るよ!

幼女社長
Neko Hacker - 進め!むじなカンパニー / アニメ「幼女社⻑」予告PV第1弾より引用>



↓ ↓

★ 『じみへんっ!!~地味子を変えちゃう純異性交遊~』
 <公式サイト女男女男放送&配信情報
・今季のComicFesta枠、配信限定のプレミアム版ももちろんあります!
・会社の地味な同僚がおめかしすると超美人で、何でもさせてくれた!みたいな話
・ただ、タイトルから分かるように純愛要素が先にあってのエロなんだと思います

じみへんっ!!~地味子を変えちゃう純異性交遊~
【公式】TVアニメ「じみへんっ!!~地味子を変えちゃう純異性交遊~」2021年1月放送スタート!【PV】より引用>



 以上、36作品でした。
 私事ですが、この記事を書いている間に体調を崩してしまい、この記事を書きあげるのも断念しようかと思ったのですが……「途中まで書いたものをお蔵入りにするのはもったいない」の精神だけで最後まで書きあげました。何のためにこんなことやっているんだろうと思いつつ、それを言うとブログ自体なんのためにやっているんだろうって話になってしまい、鬱スパイラルがグルングルン。



 「2期もの」「3期もの」だと思ってリストに入れなかった作品も列挙しておきます。オマケみたいなものなので、抜けがあっても許してください。劇場版アニメ、OVA、外伝、スピンオフなどは「○期」にカウントしていません。

× 『ゆるキャン△ SEASON2』
 → 2018年冬アニメの続きで、テレビアニメ2期
× 『のんのんびより のんすとっぷ』
 → 2015年夏アニメの続きで、テレビアニメ3期
× 『転生したらスライムだった件 第2期』
 → 2019年冬アニメの続きで、テレビアニメ2期(分割2クール)
× 『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』
 → 2018年春アニメの続きで、テレビアニメ2期
× 『約束のネバーランド 第2期』
 → 2019年冬アニメの続きで、テレビアニメ2期
× 『はたらく細胞 第2期』
 → 2018年夏アニメの続きで、テレビアニメ2期
× 『はたらく細胞BLACK』
 → ↑のスピンオフ作品
× 『Dr.STONE 第2期』
 → 2019年秋アニメの続きで、テレビアニメ2期
× 『五等分の花嫁∬』
 → 2019年冬アニメの続きで、テレビアニメ2期
× 『BEASTARS 第2期』
 → 2019年秋アニメの続きで、テレビアニメ2期
× 『SHOW BY ROCK!!STARS!!』
 → 2020年冬アニメに続く、テレビアニメ4作目(今までのキャラが登場する)
× 『Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season 後半クール』
 → 2020年夏アニメの続きで、テレビアニメ2期の分割2クール目
× 『七つの大罪 憤怒の審判』
 → 2020年冬アニメの続きで、テレビアニメ4期
× 『ログ・ホライズン 円卓崩壊』
 → 2015年冬アニメの続きで、テレビアニメ3期
× 『ワールドトリガー 2ndシーズン』
 → 長期アニメ(2014年10月~2016年4月)の続きで、テレビアニメ2期
× 『真・中華一番! 第2期』
 → 2019年秋アニメの続きで、テレビアニメ2期
× 『魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編』
 → 2020年冬アニメの続きで、テレビアニメ2期
× 『アズールレーン びそくぜんしんっ!』
 → 2020年冬にアニメが放送された作品の、スピンオフ作品
× 『ワールドウィッチーズ発進しますっ!』
 → 2019年春アニメ以来の『ウィッチーズ』シリーズのスピンオフ作品で、テレビアニメ2期(説明がややこしい……)
× 『八十亀ちゃんかんさつにっき 3さつめ』
 → 2020年冬アニメの続きで、テレビアニメ3期
× 『文豪ストレイドッグス わん!』
 → 2019年春にアニメが放送された作品の、スピンオフ作品
× 『おとなの防具屋さんII』
 → 2018年秋アニメの続きで、テレビアニメ2期
× 『闇芝居 8期』
 → 2019年夏アニメの続きで、テレビアニメ8期
× 『銀魂 THE SEMI-FINAL』
 → 劇場版アニメ『銀魂 THE FINAL』の前日譚(全2話)
× 『直感×アルゴリズム♪ 3rdシーズン』
 → 2019年冬アニメの続きで、配信アニメ3期
× 『トランスフォーマー:ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー第Ⅱ章:アースライズ』
 → 2020年7月にNetflixで配信されたものの続編で第2章


 ここからは、過去にNetflixで独占配信されたもののテレビ初放送作品です。

× 『Leviusレビウス』
 → 2019年11月にNetflixで配信されたものがテレビ初放送
× 『7SEEDS 第2期』
 → 2020年3月にNetflixで配信されたものがテレビ初放送


 予定では12月29日・30日に行うはずだった「新アニメの見所とかみんなの注目作を語り合う雑談配信」は、私の体調不良で書き終えるのに時間がかかってしまって出来ませんでした。
 なので、1月1日・2日に行おうと思います。元日からそんなことやって人来るの? 知らん! でもまぁ、新年の挨拶がてら生配信の復帰としてやっておきたいなと(今ちょっと目を速く動かせないためゲーム実況はしばらく出来そうにないので)。

 ただし、私および家族の体調が悪化した場合は中止とさせていただきます。前日までムチャクチャ元気だった自分が、次の日に起きた途端に立ち上がれなくなっていたみたいなこともありましたんでね……

| アニメ雑記 | 16:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【大事なお知らせ】体調不良のため、しばらく休みます

 今日(12/23)の朝から、起き上がろうとするなどして頭を動かすと強い眩暈・立ちくらみを起こしてしまって、マトモに日常生活を送れない状態になってしまいました。大事をとって1日寝て休んだのですが、症状は回復しませんでした。これは三半規管に問題があると思い、明日に最寄りの耳鼻科へ行こうとおもったら木曜日は休診でやんの。『マリオパーティ』をやっているみたいな運のなさ。

 予定だったら12/24にクリスマス実況をして、週末にアニメ紹介記事を書いて、月末にはアニメ紹介配信をして、今年遊んだゲームのまとめ記事とか、新作小説の公開開始、年賀状イラストだなんだとやることがたくさんあったのですが―――症状が回復するまではそれらを行う・進めることは困難と考えて、すべて凍結しようと思います。


 もちろん、よく分からない「突然発生した症状」なので、明日の朝起きたら「突然治っている」みたいなこともあるかも知れません。その時はまたお知らせの記事を書くので、それまでは何も更新されないと思ってください。楽しみにしてくださっていた方々には申し訳ない。
 私としても「毎年やっていたクリスマス実況」や「定期的に何年も続けていたアニメ紹介記事・配信」が途絶えるのは、すごく哀しい。健康の大切さを思い知ったので、みなさんもお体に気を付けて年末年始をお過ごしください。

| ひび雑記 | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【告知】12月21日(月曜日)20時頃~『マリオパーティ4』の実況を始めるぞおおおおお!

【お知らせ】12月21日(月曜日)20時頃~YouTube Liveで、『マリオパーティ4』の実況をするぞおおおおおお!イェーーーーーイ!


配信ページはこちら

 いよいよ出てきました、クッパ!
 流石にこれは最終ステージだと思うので、最終日にしました。

 このゲーム、1マップに大体1時間20分くらいかかるので「大体2時間」と決めて実況している自分としては尺が微妙に合わなくて、1実況で1マップずつしかプレイ出来なくて結構日数かかっちゃいましたね。『バンドリ』キャラと遊べたことで、亀と猿に殺意を抱いた以外は楽しく遊べました!(こうやってまとめに入っていると全然クリア出来ないフラグな気がする)




【現在、登録されている効果音コマンド】
・あけましておめでとうございます
・ええーっ、すごい!
・ごごごごめんなさーい
・しつこいなぁ
・スタジアムの大歓声
・マーベラス!
・また遊んでね!
・やっほー
・よ、よろしくお願いします
・頑張って!
・結果を発表します
・残念~
・不合格です


 生配信中にコメント欄でこれらの文字をコメントで打つと特殊効果音が鳴ります。効果音は効果音ラボさんで配布されているものを使わせてもらっています。


 この記事は『マリオパーティ4』実況用の記事です。
 生配信の告知や、動画のログの格納などに、使いまわしていきます。

≫ 「続きを読む」

| ゲーム実況 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ゲーム紹介」「1stインプレッション」で紹介したゲーム一覧

2020年~に発売されたソフト
2015年~2019年に発売されたソフト
2010年~2014年に発売されたソフト
2005年~2009年に発売されたソフト
2000年~2004年に発売されたソフト
1995年~1999年に発売されたソフト
1990年~1994年に発売されたソフト
1985年~1989年に発売されたソフト
1980年~1984年に発売されたソフト
フリーゲームのソフト

 改装工事終了しました。
 これまでは「機種ごと」に分けていたのですが、複数機種で遊べるマルチタイトルに対応するために「ソフトの発売年代順」に分けることにしました。なるべく全部の機種を載せるようにしていますが、載せるのは「日本語での日本版」のみです。

 基本的には、「ゲームを最後まで遊んだ」上で書かれたのが『○○紹介』と記述してあって、「ゲームの序盤だけ遊んだ」上で書かれたのが『○○1stインプレッション』と記述してあるのですが……クリアできないまま『○○紹介』と書いたゲームもあります。

 画像は基本的にリンク先の記事で使ったものを載せていますが、一部にはその記事以外の記事で使った写真を載せているソフトもあります。


↓ここから2020年~に発売されたソフト↓

【2020年~に発売された】

『D4DJ Groovy Mix』紹介(2020.11.19)
<配信:ブシロード/開発:Donuts/リズムゲーム>
 スマートデバイス用アプリ:2020年10月25日配信開始
・進化したLive2Dでの表現力と、「音楽」と向き合う6つのユニットストーリー
・リズムゲーム部分は、70年代の曲から2020年代の曲まで「繋げ」て遊べる
・☆2キャラに人権がなくなり、経験値チケットも足りない!

1枚目 2枚目 3枚目




『SUPER MARIO BROS. 35』紹介(2020.11.02)
<配信:任天堂、開発:アリカ/2Dアクション+バトルロイヤル>
 Nintendo Switch用ソフト:2020年10月1日~2021年3月31日期間限定配信
・初代『スーパーマリオブラザーズ』が「バトルロイヤル」として復活!
・おなじみのステージなのに、毎回ちがう展開をしていくローグライクのような『マリオ』
・『マリオ』なのに、プレイヤーの数だけちがう戦い方がある「対戦ゲーム」としての奥深さ

1枚目 2枚目 3枚目




『世界のアソビ大全51』紹介(2020.08.13)
<発売:任天堂、開発:エヌディーキューブ/テーブルゲーム集>
 Nintendo Switch用ソフト:2020年6月5日発売
・ミニゲーム集が売れまくった時代のゲーム集が、現代に蘇る
・見栄えも、分かりやすさも、設定できるルールの少なさも、ゲーム実況向き
・一通り遊ぶだけでも大変な、大ボリュームの51コのゲームを全部紹介します!

1枚目 2枚目 3枚目


『あつまれ どうぶつの森』紹介(2020.05.05)
<発売:任天堂/コミュニケーション>
 Nintendo Switch用ソフト:2020年3月20日発売
・“自分だけの島”を作ると、馴染みのキャラ達がこの島に集まってくる
・一つ一つのルーチンワークに意味を持たせ、面倒にもさせた、マイルとDIY
・インターネットが常にある時代の継続的なアップデートと、SNSと、ゲーム実況と

1枚目 2枚目 3枚目




↓ここから2015年~2019年に発売されたソフト↓

【2015年~2019年に発売された】

『タケシとヒロシ』紹介(2020.08.29)
<発売:オインクゲームズ/アドベンチャー+タワーディフェンス>
公式サイト
 Apple Arcade版:2019年11月8日配信開始
 Nintendo Switch用ソフト:2020年8月26日発売
・Apple Arcade出身ならではの「短くてもイイや」と割り切ったゲーム
・ゲームが大好きな弟のために、お兄ちゃんがゲームになる!
・ジャンルは逆タワーディフェンス? ゲームを作る人の苦労が分かるわ……

1枚目 2枚目 3枚目


『ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~』紹介(2019.11.21)
<発売:コーエーテクモゲームス、開発:ガスト長野開発部/RPG>
公式サイト
 プレイステーション4用ソフト:2019年9月26日発売
 Nintendo Switch用ソフト:2019年9月26日発売
 Setam版:2019年10月29日発売
 DMM GAMES版:2019年10月29日発売
・シリーズ一新を象徴する「かわいいのに田舎臭い」ライザちゃんの絶妙なデザイン
・ベースはシンボルエンカウントのコマンドRPG、帰ってきたら調合もするよ!
・ひと夏の出会い、みんなでつくる秘密基地、これはファンタジー版『ぼくなつ』では??

1枚目 2枚目 3枚目


『Unrailed!』1stインプレッション(2020.01.09)
<発売:Daedalic Entertainment、開発:Indoor Astronaut/協力アクション>
公式サイト
 Setamアーリーアクセス版:2019年9月10日発売
・出来ることはシンプル!なのにいろんなハチャメチャが起こる協力アクションゲーム
1枚目 2枚目 3枚目


『熱血硬派くにおくん外伝 リバーシティガールズ』紹介(2019.09.10)
<発売:アークシステムワークス、開発:WayForward/ベルトスクロールアクション>
 Setam版:2019年9月5日発売
 プレイステーション4用ソフト:2019年9月5日発売
 XboxOne用ソフト:2019年9月5日発売
 Nintendo Switch用ソフト:2019年9月5日発売
・「くにおくんシリーズ」の世界とキャラを再構築!これが新しいシリーズの夜明けだ!
・シリーズ伝統のベルトスクロールアクションは健在!見た目は変わってもくにおくんだ!
・日本でもアメリカでもない“リバーシティ”を舞台にした新たなシリーズが始まる!

1枚目 2枚目 3枚目


『じんるいのみなさまへ』紹介(2019.07.09)
<発売:日本一ソフトウェア、開発:アクワイア/ガールズアドベンチャー>
 プレイステーション4用ソフト:2019年6月27日発売
 Nintendo Switch用ソフト:2019年6月27日発売
・「女のコ達が無駄話をするだけ」、それこそが楽しいんだという執念で作られたゲーム
・荒廃した秋葉原でサバイバルをする――のは、プレイヤーじゃなくてキャラクター達
・ストーリーには文句なし!有料DLCのやり方には文句しかない!

1枚目 2枚目 3枚目


『グノーシア』紹介(2020.05.24)
<メーカー:プチデポット(Vita版のみ販売はメビウス)/SF人狼ゲーム>
公式サイト
 プレイステーションVita版:2019年6月20日発売
 Nintendo Switch版:2020年4月30日発売
・1プレイは10~15分。何百回と、CPU相手に遊べる1人用人狼ゲーム
・ループするごとに強くなる「ループ作品の主人公」を体験できる
・このゲームの主人公は「自分」だし、キャラクターは「NPC」なんかじゃなかった

1枚目 2枚目 3枚目


『フォーゴットン・アン』紹介(2020.08.24)
<発売:コーラス・ワールドワイド、開発:ThroughLine Games
 /アドベンチャー+アクションパズル>
公式サイト
 Setam版:2018年5月16日発売、2019年3月5日日本語化対応
 Xbox One用ソフト:2019年2月27日発売
 プレイステーション4用ソフト:2019年2月28日発売
 Nintendo Switch用ソフト:2019年2月28日発売
 iOS版:2019年8月1日発売
・アニメのように動くキャラと描き込まれた背景と、シームレスにつながるゲームと
・主人公が決して死なない、パズル要素が強めのアクションパズル
・まさに「アニメの主人公になれる」インタラクティブな体験が味わえる!

1枚目 2枚目 3枚目


『マニュアル サミュエル ~死神との約束~』紹介(2018.11.10)
<発売:テヨンジャパン、開発:Perfectly Paranormal/アクションアドベンチャー…?>
 Nintendo Switchダウンロード専用ソフト:2018年11月1日発売
・右足、左足、息を吸って、吐く……全部ボタンで操作する面倒臭さを楽しもう!
・でも、実は難易度は高くなくて、万人が楽しめるように設計されている
・ブラックなノリと世界観だけど、ストーリーもアートワークもむっちゃ凝ってる!

1枚目 2枚目 3枚目


『Minit』紹介(2018.08.16)
<パブリッシャー:Devolver Digital、日本語ローカライズなど:架け橋ゲームズ
 /見下ろし視点のアクションアドベンチャー>
 プレイステーション4ダウンロード専用ソフト:2018年8月9日発売
 Nintendo Switchダウンロード専用ソフト:2018年8月9日発売
・世界を構成するのは白と黒の二色
・「1分で死ぬ」ということは、「どのイベントも1分で終わるくらいテンポが良い」ということ
・しかし、中身はしっかりアクションアドベンチャー!探索と成長を楽しもう!

minit5.jpg minit7.jpg minit3.jpg


『オクトパストラベラー』紹介(2018.08.29)
<発売:スクウェア・エニックス、開発:アクワイア/コマンドバトル式RPG>
 Nintendo Switch用ソフト:2018年7月13日発売
・主人公も、仲間も、どの道を進むのかも……選ぶのは君だ!
・「ここは○○の村です」と言うだけだった村人Aを、仲間にしたり倒したり盗んだり――
・シールドを削って大技を叩きこむ!シンプルなコマンドバトルなのに爽快感がバツグン!

spla2-3.jpg spla2-15-3.jpg spla2-23.jpg


『UNDERTALE』紹介(2018.09.18)
<開発者:Toby Fox、日本版パブリッシャー:ハチノヨン
 /コマンドバトルRPGにいろんなジャンルの要素を加えたゲーム>
 プレイステーション4版:2017年8月16日発売
 プレイステーションVita版:2017年8月16日発売
 Steam版:2017年8月22日に日本語化対応
 Nintendo Switch版:2018年9月15日発売
・「日本のゲームが大好きなアメリカ人」による「ポストJRPG」
・コマンドバトルだけどテキストアドベンチャー?弾幕シューティング?『パンチアウト』?
・「お約束を覆す」ことを斬新と思えるか、既に通った道と思ってしまうか

2018091611102000-A29C3926C7AC223A657F1415D1C1D797.jpg undertale5.jpg undertale7.jpg


『Yoku's Island Express』紹介(2019.04.23)
<発売:Team17、開発:Villa Gorilla/2D探索アクションアドベンチャー+ピンボール>
 Nintendo Switchダウンロード専用ソフト:2018年5月29日発売
 Steam版:2018年5月30日発売
 プレイステーション4ダウンロード専用ソフト:2018年10月11日発売
・「敵」にやられることのない2D探索アクションアドベンチャー
・様々な場所、様々なギミック、様々なシチュエーションで楽しめるピンボールゲーム
・主人公はフンコロガシ!絵も音楽も美しい童話のような世界を冒険する

1枚目 2枚目 3枚目


『Splatoon2』紹介(2017.08.26)
<発売:任天堂/アクションシューティング>
 Nintendo Switch用ソフト:2017年7月21日発売
・ハードとコントローラは変わったけど、面白さは変わらない!
・実は前作では不満だったところが改善された6つのポイント
・前作にはなかった新たな面白さがちゃんとある!

spla2-3.jpg spla2-15-3.jpg spla2-23.jpg


『バトルスポーツ めく~る』1stインプレッション(2017.05.21)
<発売:OVER FENCE/アクション>
 Nintendo Switchダウンロード専用ソフト:2017年5月18日発売
・「パーティゲームの定番」になれそう!だけど……
meku-ru2.jpg meku-ru8-2.jpg meku-ru9-2.jpg


『BanG Dream!ガールズバンドパーティ!』1stインプレッション(2017.03.28)
<配信:Craft Egg/リズム&アドベンチャーゲーム>
 スマートデバイス用アプリ:2017年3月16日配信開始
・こう言っちゃなんだけど、アニメよりもストーリーが面白い!
girlpa24.jpg girlpa14.jpg girlpa22.jpg


『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』1stインプレッション(2017.03.13)
<発売:任天堂/アクションアドベンチャー>
 Wii U用ソフト:2017年3月3日発売
 Nintendo Switch用ソフト:2017年3月3日発売
・自然なチュートリアルが素晴らしい!



『1-2-Switch(ワンツースイッチ)』紹介(2017.03.08)
<発売:任天堂/パーティゲーム>
 Nintendo Switch用ソフト:2017年3月3日発売
・『脳トレ』の河本Pによる「どう遊ばれるか」が考えられたゲーム
・28種目のミニゲームは一つ一つが尖りまくり!
・これは、ジョイコンという新しい“おもちゃ”の説明書なんだ




『スーパーマリオ ラン』1stインプレッション(2016.12.21)
<発売:任天堂/ラン&ジャンプ系ゲーム>
 スマートデバイス用アプリ:2016年12月15日配信開始
・「マリオのアタリマエ」を見直した!
mariorun12.jpg mariorun2.jpg mariorun3.jpg


『Her Story』紹介(2019.06.13)
<開発者:Sam Barlow氏、公式日本語化:PLAYISM
 /インタラクティブムービー+推理アドベンチャー>
 Steam版:2015年6月24日発売(※公式日本語版は2016年11月24日より)
 PLAYISM版:2016年11月18日発売
・自分の頭で考えて「検索」する、ゲームでしか味わえない調べものアドベンチャー
・細切れになったインタビュー動画を、一つ一つメモして整理して真実を導き出せ!
・「答え合わせ」などない、だからこそ「人と話したくなる」ストーリー

herstory-6.jpg herstory-7.jpg herstory-4.jpg


『Ultimate Chicken Horse』紹介(2018.10.04)
<開発:Clever Endeavour Games
 /2~4人プレイ用の2D横スクロールアクションゲーム>
 Steam版:2016年3月5日発売
 プレイステーション4版:2017年12月14日発売
 Xbox One版:2017年12月15日発売
 Nintendo Switch版:2018年9月25日発売
・みんなの思惑が交錯してできる「予測不能コース」を攻略せよ!
・ルールもステージも自由にカスタマイズ可能だから、遊び方も自由!
・見知らぬ人とのオンラインプレイだからこそ、「楽しく遊ぼうぜ!」と読む空気

UCH1枚目 UCH2枚目 UCH3枚目


『名探偵ピカチュウ~新コンビ誕生~』1stインプレッション(2016.02.06)
<発売:ポケモン、販売:任天堂、開発:クリーチャーズ/シネマティックアドベンチャー>
 ニンテンドー3DSダウンロード専用ソフト:2016年2月3日~2018年1月12日配信
 ※2018年3月23日発売のニンテンドー3DS用ソフト『名探偵ピカチュウ』に収録
・現代に蘇ったファミコン探偵倶楽部
picachu3.jpg picachu5.jpg picachu12.jpg


『幻影異聞録♯FE』1stインプレッション(2015.12.29)
<発売:任天堂、開発:アトラス/RPG>
 Wii U用ソフト:2015年12月26日発売
・無茶なコラボかと思いきや、生まれたのは堅実なRPG
WiiU_screenshot_TV_0131D_201512280219160a9.jpg WiiU_screenshot_TV_0131D_20151228001843169.jpg WiiU_screenshot_TV_0131D_20151228024624e80.jpg


『U-EXPLORE SPACE ADVENTURES』1stインプレッション(2015.11.21)
<発売:レイニーフロッグ、開発:KnapNok Games&Nifflas’ Games
 /アドベンチャー>
 Wii Uダウンロード専用ソフト:2015年11月18日発売
・ゲームパッドを活かしたWii Uならではのパズルアクション!
WiiU_screenshot_TV_01E00_201511200027338d6.jpg WiiU_screenshot_GamePad_01E00_2015111902164828b.jpg WiiU_screenshot_TV_01E00_20151119014515410.jpg


『魔神少女 エピソード2 願いへの代価』1stインプレッション(2015.11.06)
<発売:フライハイワークス、開発:INSIDE SYSTEM/クロニクル2Dアクション>
 ニンテンドー3DSダウンロード専用ソフト:2015年11月4日配信開始
<パブリッシャー&開発:INSIDE SYSTEM/クロニクル2Dアクション>
 Steam版:2017年1月20日配信開始
・間口を広げ、遊びの幅も広がった!
majinsyoujo2-1.jpg majinsyoujo2-8.jpg majinsyoujo2-10.jpg


『スバラシティ』紹介(2018.08.21)
<開発者:Ryuji Kuwaki/パズル>
 iOS版:2015年5月配信開始
 AndroidOS版:2016年6月配信開始
<パブリッシャー:フライハイワークス、開発者:Ryuji Kuwaki/パズル>
 ニンテンドー3DS版:2017年2月15日配信開始
 Nintendo Switch版:2018年8月9日配信開始
・制限時間はないけれど、『ぷよぷよ』で連鎖を起こすような爽快感!
・目標は超高層タワーを作ること!だけど、作ったら作ったで邪魔!
・1マスだけ消せる市長マークを使いこなせるようになると、もう一段階面白くなる

スバラシティ スバラシティ スバラシティ


『Splatoon』紹介(2015.06.15)
<発売:任天堂/アクションシューティング>
 Wii U用ソフト:2015年5月28日発売
・今度こそ「Wii Uゲームパッドを活かした」分かりやすくて遊びやすいゲーム
・「オンライン」に繋がることでゲームはこんなに面白くなる
・3D空間を作り続けてきた任天堂の新作アクションゲームとしての「ヒーローモード」

splatoon11.jpg splatoon13.jpg WiiU_screenshot_TV_0162B_20150606201031b85.jpg


『白衣性愛情依存症』紹介(2018.11.02)
<発売:工画堂スタジオ/テキストアドベンチャー/公式サイト
 PlayStation Vita版:2015年4月30日発売
 Windows 7/8/10版:2015年12月25日発売
 Steam版:2016年7月7日発売
 Nintendo Switch版:2018年5月24日発売
・「男が出ない百合」どころか、「男が存在しない世界の物語」
・ポンコツ「アホの子」主人公:大幸あすかが可愛い
・「看護学生の日常を描いた作品」とも「可愛い女のコ達のイチャラブ」ともちがう…何だこれ

1枚目 2枚目 3枚目


『Little Inferno』紹介(2015.04.20)
<発売:任天堂、開発:Tomorrow Corporation/パズル(←?)>
 Wii Uダウンロード専用ソフト:2015年4月2日配信開始
<発売:フライハイワークス、開発:Tomorrow Corporation/パズル(←?)>
 Nintendo Switchダウンロード専用ソフト:2017年6月1日配信開始
・戦略性もなく、ただただ燃やして壊す快感だけが楽しめる
・セットで壊すと更に気持ち良いコンボ集め
・シニカルなテキスト、凝っているギミック

WiiU_screenshot_GamePad_01763_20150410212109f57.jpg WiiU_screenshot_GamePad_01763_20150419204213f02.jpg WiiU_screenshot_GamePad_01763_201504121735560b1.jpg


↓ここから2010年~2014年に発売されたソフト↓

【2010年~2014年に発売されたソフト】

『クニットアンダーグラウンド 』紹介(2014.10.27)
<発売:フライハイワークス、開発:Nifflas' Games./地底探索摩訶不思議アクション>
 Wii Uダウンロード専用ソフト:2014年8月20日配信開始
・広大なマップに「さぁ!どこにでも行けばイイさ!」と投げ出される自由さ
・操作してキモチイイ、そして歯ごたえ十分の「アクションパズル」
・「宗教観」「恋愛観」「文明観」「人生観」……パズルのピースから何を想う?

WiiU_screenshot_GamePad_017B7_20141026204645159.jpg knytt10.jpg knytt4.jpg


『魔神少女 -Chronicle 2D ACT-』紹介(2014.08.13)
<発売:フライハイワークス、開発:INSIDE SYSTEM/クロニクル2Dアクション>
 ニンテンドー3DSダウンロード専用ソフト:2014年8月6日配信開始
 プレイステーションVitaダウンロード専用ソフト:2015年5月27日配信開始
<パブリッシャー&開発:INSIDE SYSTEM/クロニクル2Dアクション>
 Steam版:2015年12月2日配信開始
・インディーサークル制作だからこその「“分かっている”2Dアクションゲーム」
・やりこみにも救済にもなる、三つのパワーアップシステム
・遊べば遊ぶほど感じる完成度の高さ

majin2.jpeg majin3.jpeg majin4.jpeg


『ブタメダル』ファーストインプレッション(2014.07.25)
<配信:任天堂/アクションパズル>
 Wii Uダウンロード専用ソフト:2014年7月22日~2014年8月31日配信
・この1枚の重みはお幾らだ?
WiiU_screenshot_GamePad_01850.jpg WiiU_screenshot_GamePad_01850_20140723232236357.jpg WiiU_screenshot_GamePad_01850_20140723233418654.jpg


『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』1stインプレッション(2013.12.28)
<発売:任天堂/アクションアドベンチャー>
 ニンテンドー3DS用ソフト:2013年12月26日発売
・これぞ新生ゼルダ!
kamitri2-1.jpg kamitri2-3.jpg kamitora2-1.jpg


『Wii Fit U』ファーストインプレッション(2013.11.10)
<発売:任天堂、開発:任天堂&ガンバリオン/フィットネス>
 Wii U用ソフト:2013年10月31日配信開始
・便利にはなったけれど行き詰まりも感じる。
zlCfzRLx6mI5NNqJYa.jpeg


『ファミコンウォーズDS 失われた光』紹介(2013.12.17)
<発売:任天堂、開発:インテリジェントシステムズ/戦略シミュレーション>
 ニンテンドー3DSダウンロード専用ソフト:2013年10月30日~2015年09月30日配信
・この戦場に英雄はいない。


『The Wonderful 101』紹介(2015.09.09)
<発売:任天堂、開発:プラチナゲームズ/ユナイト・アクション>
 Wii U用ソフト:2013年8月24日発売
・複雑なようで、根っこにある操作は実はシンプル
・これらは「オマケのミニゲーム」ではない!現代に蘇ったワイワイワールドだ!
・誰でもエンディングまで遊べる任天堂チューニング

WVW69iXPprUPBtsniK.jpg WVW69iXbjwgCJpSUto.jpg WVW69iXbgD8wXYCxT2.jpg


『@SIMPLE DLシリーズ Vol.15 THE 麻雀』紹介(2015.04.07)
<発売:ディースリー・パブリッシャー、開発:悠紀エンタープライズ
 /テーブルゲーム(麻雀)>
 ニンテンドー3DSダウンロード専用ソフト:2013年8月7日配信開始
・「欲しい人が限られてる機能」を分けることで、低価格を実現
・勝ち上がるごとに変わる「ルール」で、新たな麻雀の魅力に気付く
・手軽に遊べる麻雀ゲームを3DSに常備

themajan8.jpg themajan6.jpg themajan1.jpg


『レゴ®シティ アンダーカバー』1stインプレッション(2013.07.28)
<発売:任天堂、開発:TT Fusion/アクションアドベンチャー>
 Wii U用ソフト:2013年7月25日発売
<発売:ワーナー・ブラザース、開発:TT Fusion/アクションアドベンチャー>
 Nintendo Switch用ソフト:2017年6月29日発売
 プレイステーション4用ソフト:2017年6月29日発売
・『ゼルダ』を待ちきれない人へ


『ファンタジーライフLINK!』紹介(2013.10.07)
<発売:レベルファイブ、開発:ブラウニーズ、h.a.n.d./RPG>
 ニンテンドー3DS用ソフト:2013年7月25日発売
・世界を救うよりも大変なことが沢山ある。
HNI_0049_2013100614562736d.jpg HNI_0071_20131006151439b28.jpg HNI_0066.jpg


『D.M.L.C. デスマッチラブコメ』紹介(2015.06.25)
<発売:ケムコ/ノベルアドベンチャー発売日>
 スマートデバイス用アプリ:2013年4月24日配信開始
 Wii Uダウンロード専用ソフト:2014年4月9日配信開始
・低予算とは言え、ノベルゲームとして必要最低限の機能はある
・ベタだけど、だからこそ飛びっきりに魅力的なキャラクター達
・ストーリーを語るには、どうしたってネタバレ抜きでは難しい!

WiiU_screenshot_GamePad_0175F_20150517205110266.jpg WiiU_screenshot_GamePad_0175F_2015062411083749e.jpg WiiU_screenshot_GamePad_0175F_20150624111041a43.jpg



『トモダチコレクション 新生活』ファーストインプレッション(2013.04.20)
『トモダチコレクション 新生活』紹介(2013.05.20)
<発売:任天堂/そっくりトモダチコミュニケーション>
 ニンテンドー3DS用ソフト:2013年4月18日発売
・リア充のためのゲーム…だけではなくなった!
HNI_0048_20130419170452.jpg HNI_0095_20130419162054.jpg HNI_0100_20130420163812.jpg



『ニンテンドーランド』紹介(2013.01.03)
<発売:任天堂/テーマパークアトラクション>
 Wii U用ソフト:2012年12月8日発売
・これが新しいゲーム機だっ!
WiiU_screenshot_TV_0101F_20150613000832975.jpg WiiU_screenshot_TV_0101F_201506122042464e6.jpg WiiU_screenshot_TV_0101F_20150612205128f89.jpg


『レイトン教授VS逆転裁判』紹介(2013.11.02)
<発売:レベルファイブ、開発:レベルファイブ&カプコン/ナゾトキ・法廷アドベンチャー>
 ニンテンドー3DS用ソフト:2012年11月29日
・良くも悪くも超豪華ADV。


『レンタル武器屋 de オマッセ』紹介(2013.10.15)
<発売:レベルファイブ、開発:ネクスエンタテイメント/レンタル武器屋RPG>
 ニンテンドー3DSダウンロード専用ソフト:2012年11月21日配信開始
 ※ 2012年5月31日に発売されたニンテンドー3DS用ソフト『GUILD01』に収録
・Twitterの見事なゲーム化。
omasse1.png omasse2.png


『とびだせ どうぶつの森』紹介(2012.12.14)
<発売:任天堂/コミュニケーション>
 ニンテンドー3DS用ソフト:2012年11月8日発売
・悪しき慣例をぶっ飛ばせ!
かわいい秘書 HNI_0025 (19) 肝に銘じます


『ポケットサッカーリーグ カルチョビット』ファーストインプレッション(2012.07.13)
<発売:任天堂、開発:バリティビット/サッカークラブ育成ゲーム>
 ニンテンドー3DS用ソフト:2012年7月12日発売
・最小の手で最大の効果を。


『牧場物語 はじまりの大地』紹介(2012.06.02)
<発売:マーベラスAQL/ほのぼの生活ゲーム>
 ニンテンドー3DS用ソフト:2012年2月23日発売
・100時間遊ぶ気があるのなら。


『ラビ×ラビ えぴそーど3』紹介(2015.01.2)
<発売:シルバースタージャパン/迷宮脱出アクションパズル>
 ニンテンドー3DSダウンロード専用ソフト:2012年1月11日配信開始
 ※ シリーズ4作合わせたVita版PS4版、Nintendo Switch版が発売中
・シリーズ最終作(今のところ)で、シリーズの集大成
・変わらない操作性に、安定のアクションパズル
・新要素「お手本ムービー」は初心者にも上級者にもありがたい

rabirabi3-2.jpg rabirabi3hikaku.jpg


『トガビトノセンリツ』紹介(2017.09.11)
<発売:ケムコ/サイコサスペンス・ノベルアドベンチャー>
 フィーチャーフォン用アプリ:2011年配信開始
 スマートデバイス用アプリ:2012年6月27日配信開始
 Wii Uダウンロード専用ソフト:2013年10月2日配信開始
・「誰が嘘をついているのか分からない」“人狼”風ゲーム
・愛すべき仲間たちと、主人公へのシンクロ率の高さ
・「一人称の物語」が「群像劇」に変わる極上の2周目

WiiU_screenshot_GamePad_0175F_20150517205110266.jpg WiiU_screenshot_GamePad_0175F_2015062411083749e.jpg


『熱血硬派くにおくんすぺしゃる』紹介(2011.12.27)
<発売:アークシステムワークス、開発:エイビット新潟/熱血2Dアクション>
 ニンテンドー3DS用ソフト:2011年12月15日発売
・くにおくんシリーズのエピソード1


『GO VACATION(ゴーバケーション)』紹介(2011.11.17)
<発売:バンダイナムコゲームス/リゾートツアー体験>
 Wii用ソフト:2011年10月20日発売
・Wii5年間の集大成!


『中辛!大籠城』紹介(2011.10.19)
<発売:河本産業/フォーメーション・マネジメント>
 ニンテンドーDSiウェア:2011年9月7日配信開始
・ようやく出たシリーズ決定版!


『ファミリーフィッシング』紹介(2012.03.28)
<発売:バンダイナムコゲームス、開発:プロペ/リゾートフィッシング>
 Wii用ソフト:2011年8月4日発売
・最上級の一人用ゲーム
カーディガン ジャンパー 貴婦人の服


『ラビラビ外伝 Witch's Cat』紹介(2013.10.23)
<発売:シルバースタージャパン/迷宮脱出アクションパズル>
 ニンテンドー3DSダウンロード専用ソフト:2011年6月29日配信開始
 ※ シリーズ4作合わせたVita版PS4版、Nintendo Switch版が発売中
・1作目を愛した人に向けた大傑作。
rabilabigaiden.png


『ヒラメキ!絵柄しりとり』紹介(2012.03.03)
<発売:甲南電機製作所/絵柄しりとり>
 ニンテンドーDSiウェア:2011年6月22日配信開始
・詰めは甘いけど、侮れない奥深さ。


『peakvox ミュウミュウチャンバー』紹介(2011.03.18)
<発売:ファンユニット、開発:ファンユニット&オーツー/パズル>
 ニンテンドーDSiウェア:2011年3月9日配信開始
・ネコへの愛と罪悪感と


『ニンテンドー3DS内蔵ソフト』紹介(2011.09.03)
<開発:任天堂>
 ニンテンドー3DS内臓ソフト:2011年2月26日発売
・立体視だけが新機能じゃない!
4コマ目 迫力のある構図 学問を薦めた人


『アクションパズル ラビ×ラビ えぴそーど2』紹介(2012.04.17)
<発売:シルバースタージャパン/迷宮脱出アクションパズル>
 ニンテンドーDSiウェア:2011年2月23日配信開始
 ※ シリーズ4作合わせたVita版PS4版、Nintendo Switch版が発売中
・アクションが物足りなかった人へ
rabilabi2.png


『ラストストーリー』紹介(2012.11.11)
<発売:任天堂、開発:ミストウォーカー&AQインタラクティブ/RPG>
 Wii用ソフト:2011年1月27日発売
・アクションが苦手な人に向けたRPG


『鈍色のバタフライ』紹介(2018.06.03)
<発売:ケムコ、企画:マジテック/サスペンス&スリラー・ノベルアドベンチャー>
 フィーチャーフォン用アプリ:2010年配信開始
 スマートデバイス用アプリ:2012年配信開始
・1作目だからこそ、オーソドックスに「首謀者は誰だ?」と推理を楽しめる
・以降の作品達とは一線を画す“ギャルゲー”風のキャラクター達
・『トガビトノセンリツ』につながるシステムとストーリーの原点

1枚目 2枚目


『ペンギン生活』紹介(2011.01.18)
<発売:任天堂、開発:スキップ/ふれあいアドベンチャー>
 Wiiウェア:2010年12月21日配信開始
・『ゼルダ』と『どうぶつの森』の中間地点


『スカイジャンパー ソル』紹介(2011.06.13)
<発売:任天堂/アクション>
 ニンテンドーDSiウェア:2010年11月10日配信開始
・低価格路線のお手本となるべきソフト。


『アクションパズル ラビ×ラビ』紹介(2011.03.14)
<発売:シルバースタージャパン/迷宮脱出アクションパズル>
 ニンテンドーDSiウェア:2010年9月1日配信開始
 ※ シリーズ4作合わせたVita版PS4版、Nintendo Switch版が発売中
・アクションもパズルも好きな人は是非!
rabilabi1.png


『スーパーマリオギャラクシー2』紹介(2015.05.16)
<発売:任天堂/3Dアクション>
 Wii用ソフト:2010年5月27日発売
 Wii Uダウンロード版:2015年1月15日配信開始
・Wiiでしか出来なかった、Wiiリモコン+ヌンチャクの操作に特化したマリオ
・非常にバラエティ豊かなステージ達
・「ゲーム」部分以外もブラッシュアップして遊びやすくなっている

starp2.jpg slider.jpg moguratataki.jpg


『安藤ケンサク』紹介(2010.12.10)
<発売:任天堂、開発:Shift、Powered by Google/検索ことばあそび>
 Wii用ソフト:2010年4月29日発売
・『みんなで投票チャンネル』の超豪華版
こんなゲーム 相手からパネルを奪う


『ゾンビ イン ワンダーランド』紹介(2010.04.03)
<発売:マーベラスエンターテイメント、開発:Akaoni Studio
 /お伽噺アクションシューティング>
 Wiiウェア:2010年3月16日配信開始//公式サイト
<パブリッシャー開発:Akaoni Studio/お伽噺アクションシューティング>
 スマートデバイス用アプリ:2012年3月1日配信開始 ※Plus版
<発売:アークシステムワークス、開発:Akaoni Studio
 /お伽噺アクションシューティング>
 ニンテンドー3DSダウンロード専用ソフト:2015年3月25日配信開始 ※リメイク版
<パブリッシャー開発:Akaoni Studio/お伽噺アクションシューティング>
 スマートデバイス用アプリ:2015年4月6日配信開始 ※リメイク版
・洋ゲーというより“昔の和ゲー”


『こねこのいえ 桐島家と三匹の仔猫』紹介(2012.10.13)
<発売:ワークジャム/ファンタジーアドベンチャー>
 ニンテンドーDSiウェア:2010年3月3日配信開始
<発売:オレンジ/ファンタジーアドベンチャー>
 ニンテンドー3DSダウンロード専用ソフト:2016年10月26日配信開始
・殺人の起こらないアドベンチャーゲーム



↓ここから2005年~2009年に発売されたソフト↓

【2005年~2009年に発売されたソフト】

『写真で格闘!フォトファイターX』紹介(2010.07.22)
<発売:任天堂/写真でつくる格闘アクション>
 ニンテンドーDSiウェア:2009年12月16日配信開始
・超お手軽な格ゲーツクール
二人目-2 四人目-3 一人目-2


『レイトン教授と魔神の笛』紹介(2010.05.22)
<発売:レベルファイブ/ナゾトキ・ファンタジーアドベンチャー>
 ニンテンドーDSソフト:2009年11月26日発売
・シリーズ未経験者も是非!


『わりと本格的 絵心教室 前期』紹介(2010.09.18)
<発売:任天堂、開発:Headstrong Games/絵画レッスン>
 ニンテンドーDSiウェア:2009年11月18日配信開始
 ※ 後期とセットのパッケージ版『絵心教室DS』も2010年6月19日に発売
・800円の最高傑作
egokoro3.jpg egokoro-syoujo.jpg egoko10-2.jpg


『ルーンファクトリー3』紹介(2011.08.05)
<発売:マーベラスエンターテイメント、開発:ネバーランドカンパニー
 /ファンタジー生活ゲーム>
 ニンテンドーDSソフト:2009年10月22日発売
・ヲタク向けの皮を被った万人向けゲーム


『甘口!大籠城』紹介(2010.07.08)
<発売:河本産業/フォーメーション・マネジメント>
 ニンテンドーDSiウェア:2009年10月14日配信開始
・マイナージャンルの生きる道。


『睡眠記録 めざまし時計』紹介(2011.09.15)
<発売:任天堂/睡眠記録がとれる「めざまし時計」>
 ニンテンドーDSiウェア:2009年10月7日配信開始
・唯なら俺の隣で寝ているよ。


『Wiiの間』ファーストインプレッション(2009.05.02)
<運営:Wiiの間株式会社/動画配信サービス>
 Wiiチャンネル:2009年5月1日~2012年4月30日配信


『MADSECTA(マッドセクタ)』紹介(2011.04.06)
<発売:ハドソン、開発:シェード/FPS>
 Wiiウェア:2009年3月3日配信開始
・生まれて初めてFPSをプレイしました。


『珍道中!!ポールの大冒険』紹介(2009.02.10)
<発売:セガ/おバカ アクション(ギャグベンチャー)>
 Wiiウェア:2009年2月3日配信開始
・500円だから許される悪ふざけ


『ロストウィンズ』紹介(2009.01.23)
<発売:スクウェア・エニックス、開発:Frontier Developments
 /アクションアドベンチャー>
 Wiiウェア:2008年12月24日配信開始
<パブリッシャー&開発:Frontier Developments/アクションアドベンチャー>
 Steam版:2016年3月24日配信開始
・世界に触れるゲーム


『レッツキャッチ』紹介(2010.09.07)
<発売:セガ、開発プロペ/体感スポーツ>
 Wiiウェア:2008年12月16日配信開始
・『Wii Sports』+セガ風味=


『428~封鎖された渋谷で~』紹介(2011.06.02)
<発売:セガ、開発:チュンソフト/サウンドノベル>
 Wii用ソフト:2008年12月4日発売
<発売:スパイク、開発:チュンソフト/サウンドノベル>
 プレイステーション3用ソフト:2009年9月3日発売
 プレイステーションポータブル用ソフト:2009年9月17日発売
<発売:スパイク・チュンソフト、開発:チュンソフト/サウンドノベル>
 プレイステーション4用ソフト:2018年9月6日発売予定
 Steam版:2018年9月6日発売予定
※ スマートデバイス版は配信終了していたみたいです
・“ゲームとして”ちゃんと面白い。


『THE 密室からの脱出2 ~消された19の記憶~』紹介(2015.03.12)
<発売:ディースリー・パブリッシャー、開発:インテンス/脱出>
 ニンテンドーDS用ソフト:2008年11月27日発売
 Wii Uダウンロード専用ソフト:2014年8月6日配信開始
 ※ 『1』とセットで発売されたNintendo Switch用ソフトもあります
・DSソフトを、しっかりとWii U用ソフトに再調整
・定番から奇抜まで楽しめる多彩なステージ
・Miiverseの可能性を感じる「みんなの手がかり」機能

WiiU_screenshot_GamePad_015ED_20150311204338a59.jpg WiiU_screenshot_GamePad_015ED_201503112054285a1.jpg misshitsu.jpeg


『街へいこうよ どうぶつの森』ファーストインプレッション(2008.11.23)
『街へいこうよ どうぶつの森』2週間遊んだ後インプレッション(2008.12.08)
『街へいこうよ どうぶつの森』Wi-Fi通信後インプレッション(2008.12.19)
<発売:任天堂/コミュニケーション>
 Wii用ソフト:2008年11月20日発売
すっげえええええ!! そりゃ拍手もするってば! かめんぶとうかい


『セパスチャンネル』紹介(2011.04.28)
<発売:Gモード、開発:seekz/RPG>
 携帯電話用アプリ:2008年11月14日配信開始
 ニンテンドーDSiウェア:2010年9月29日~2012年11月30日配信
・色んな人間がいるから世界は面白い。


『キミの勇者』ファーストインプレッション(2008.10.26)
<発売:SNKプレイもあ/キミだけのファンタジーRPG>
 ニンテンドーDSソフト:2008年10月23日発売


『クイズマジックアカデミーDS』ファーストインプレッション(2008.09.14)
<発売:コナミデジタルエンタテインメント/コミュニケーションクイズゲーム>
 ニンテンドーDSソフト:2008年9月12日発売


『ワイルドウエストガンズ』ファーストインプレッション(2008.08.06)
<発売:ゲームロフト/シューティング>
 Wiiウェア:2008年8月5日~2015年12月2日配信


『どきどき魔女神判2(DUO)』ファーストインプレッション(2008.08.03)
『どきどき魔女神判2(DUO)』クリア後インプレッション(2008.08.11)
『どきどき魔女神判2(DUO)』紹介(2008.08.16)
<発売:SNKプレイモア/タッチアドベンチャー>
 ニンテンドーDSソフト:2008年7月31日発売
・前作ファンを幸せにする続編
ころんちゃん


『みんなでパズループ』ファーストインプレッション(2008.04.23)
『みんなでパズループ』紹介(2008.06.06)
<発売:任天堂、開発:ミッチェル/アクションパズル>
 Wiiウェア:2008年4月22日配信開始
・導入部だけは神ゲーだったのに……


『テレビの友チャンネル Gガイド for Wii』ファーストインプレッション(2008.03.05)
<運営:任天堂/電子番組ガイド>
 Wiiチャンネル:2008年3月4日~2011年7月24日配信


『大乱闘スマッシュブラザーズX』ファーストインプレッション(2008.02.01)
『スマブラX』アドベンチャーモードクリア&感想(2008.02.07)
『大乱闘スマッシュブラザーズX』オンライン機能、ファーストインプレッション(2008.02.13)
『大乱闘スマッシュブラザーズX』紹介(2008.03.23)
<発売:任天堂、開発:ソラ&ゲームアーツ等/アクション>
 Wii用ソフト:2008年1月31日発売
・詰め込みまくったからこそ批判を受けるのか。


『Wii Fit』ファーストインプレッション(2007.12.02)
『Wii Fit』紹介(2007.12.27)
<発売:任天堂/フィットネス>
 Wii用ソフト:2007年12月1日発売
・『Wii Sports』の続編というよりは『脳トレ』の体バージョン


『スイングゴルフ パンヤ 2ndショット! 』ファーストインプレッション(2007.12.14)
<発売:テクモ、開発:Ntreev Soft&テクモ/ゴルフ>
 Wii用ソフト:2007年11月29日発売


『みんなのニンテンドーチャンネル』ファーストインプレッション(2007.11.27)
<運営:任天堂/情報を届けるチャンネル>
 Wiiチャンネル:2007年11月27日~2013年6月28日配信


『Miiコンテストチャンネル』紹介(2007.11.28)
<運営:任天堂/Mii共有チャンネル>
 Wiiチャンネル:2007年11月12日~2013年6月28日配信
・Wiiをオンラインで遊ぶとこんなに楽しくなる!
マリオとマリオ


『スーパーマリオギャラクシー』ファーストインプレッション(2007.11.01)
『スーパーマリオギャラクシー』セカンドインプレッション(2007.11.02)
『スーパーマリオギャラクシー』紹介(2007.12.07)
<発売:任天堂/3Dアクション>
 Wii用ソフト:2007年11月1日発売
 Wii Uダウンロード版:2015年5月31日配信開始
・「目的」と「原因」を分かりやすく!


『DS文学全集』ファーストインプレッション(2007.10.19)
<発売:任天堂、開発:ジニアス・ソノリティ/読書>
 ニンテンドーDSソフト:2007年10月18日発売


『FOREVER BLUE(フォーエバーブルー)』紹介(2007.10.02)
<発売:任天堂、開発:アリカ/海中探索>
 Wii用ソフト:2007年8月2日発売
・大自然の中で己の無力さを知る


『ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔』紹介(2019.05.28)
<発売:スクウェア・エニックス、企画:ジニアス・ソノリティ、開発:エイティング
 /体感アクションRPG>
 Wii用ソフト:2007年7月12日発売
・「主人公=自分」のコマンドRPG:ドラクエを、アクションゲームにするとこうなる!
・ジャイロセンサーのなかったWiiリモコンで剣を振るゲームを作る四苦八苦
・シリーズおなじみの敵キャラが、「アクションゲームの敵」として上手く調理されている

1枚目 2枚目 3枚目


『どきどき魔女神判!』紹介(2007.09.09)
<発売:SNKプレイモア/タッチアドベンチャー>
 ニンテンドーDSソフト:2007年7月5日発売
・エロ萌えに隠された青春物語


『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』紹介(2012.02.05)
<発売:任天堂/ペンアクションアドベンチャー>
 ニンテンドーDSソフト:2007年6月23日発売
 Wii Uバーチャルコンソール:2016年8月3日配信開始
・“初心者向け”とは言えず。


『ことばのパズル もじぴったんDS』紹介(2007.10.25)
<発売:バンダイナムコゲームス/知的好奇心くすぐり系パズルゲーム>
 ニンテンドーDSソフト:2007年3月15日発売
・最高のシェフが最高の食材で作ったジャンクフード


『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』紹介(2009.07.16)
<発売:任天堂/アクションアドベンチャー>
 ゲームキューブ用ソフト:2006年12月2日発売
 Wii用ソフト:2006年12月2日発売
<発売:任天堂、開発:Tantalus Media/アクションアドベンチャー>
 Wii U用ソフト:2016年3月10日発売
・Wiiっぽくないゲーム


『Wii Sports』紹介(2007.01.26)
<発売:任天堂/スポーツ>
 Wii用ソフト:2006年12月2日発売


『はじめてのWii』紹介(2006.12.12)
<発売:任天堂/Wiiリモコンの操作入門>
 Wii用ソフト:2006年12月2日発売


『監修 日本常識力検定協会 いまさら人には聞けない 大人の常識力トレーニングDS』紹介(2006.11.24)
<発売:任天堂、開発:HAL研究所/常識トレーニング>
 ニンテンドーDS用ソフト:2006年10月26日発売


『東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング』紹介(2006.09.09)
<発売:任天堂/脳活性化ソフト>
 ニンテンドーDS用ソフト:2005年5月19日発売
 Wii Uバーチャルコンソール版:2014年6月4日配信開始


↓ここから2000年~2004年に発売されたソフト↓

【2000年~2004年に発売されたソフト】

『ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし』紹介(2006.09.03)
<発売:任天堂、開発:カプコン/アクションアドベンチャー>
 ゲームボーイアドバンス用ソフト:2004年11月4日発売
 Wii Uバーチャルコンソール版:2014年4月30日配信開始


『ペーパーマリオRPG』紹介(2020.07.11)
<発売:任天堂/開発:インテリジェントシステムズ/アクションRPG>
 ゲームキューブ用ソフト:2004年7月22日発売
・『スーパーマリオRPG』の流れを汲む、2つの「マリオのRPG」シリーズ
・ランダム要素のない、ガチ戦略バトル(ただしアクションコマンドあり)
・ドラゴンの棲む古城、天空闘技場、海賊の財宝の眠る島……様々な冒険がここにある!

1枚目 2枚目 3枚目


『シンフォニック=レイン』紹介(2020.09.23)
<発売:工画堂スタジオ/ビジュアルノベル+リズムゲーム>
公式サイト
 PC用パッケージ版:2004年3月26日発売
 Steam版(HD移植):2017年6月15日発売
 Nintendo Switch用ソフト(HD移植):2018年12月13日
・“欝ゲー”が最前線だったゼロ年代前半の名作が待望のHD移植
・『ヤマノススメ』のしろさんが描く丸っこいキャラと、石畳の街並みと、幻想的な音楽と
・全ルートをプレイするとパズルのようにカッチリとハマるストーリー

1枚目 2枚目 3枚目



『逆転裁判』紹介(2010.11.13)
<発売:カプコン/アドベンチャー>
 ゲームボーイアドバンス用ソフト:2001年10月12日発売
 ニンテンドーDS用ソフト:2005年9月15日発売 ※新章を加えたリメイク
 Windows版:2005年12月23日発売
 Wii Uバーチャルコンソール版:2015年11月4日配信開始
 ※1のリメイク・2・3のセットが3DSiOSAndroidOSで発売中
・王道ヒーロー物語


『罪と罰 地球の継承者』ファーストインプレッション(2007.09.21)
『罪と罰 地球の継承者』紹介(2007.10.18)
<発売:任天堂、開発:トレジャー/アクションシューティング>
 NINTENDO64用ソフト:2000年11月21日発売
 Wiiバーチャルコンソール版:2007年9月20日配信開始
 Wii Uバーチャルコンソール版:2016年4月27日配信開始
・激辛トレジャー作品に、任天堂が甘口をトッピング


↓ここから1995年~1999年に発売されたソフト↓

【1995年~1999年に発売されたソフト】

『巨人のドシン』紹介(2019.02.01)
<配布:ランドネットDD、開発:パーラム/シミュレーションゲーム>
 NINTENDO64 64DD専用ソフト:1999年12月11日配布
<発売:任天堂、開発:パーラム/シミュレーションゲーム>
 ゲームキューブ用ソフト:2002年3月14日発売
・「大容量のセーブが可能になった」64DDだからこそ実現できた新しいゲーム
・シビアな要素は少ない、ゆる~く楽しめる箱庭シミュレーション
・幻のプレミアディスクに込められた「自由を楽しめない人々」へのメッセージ

1枚目 2枚目 3枚目


『ファミコン文庫 はじまりの森』紹介(2007.08.31)
<発売:任天堂、開発:パックス・ソフトニカ/アドベンチャー>
 スーパーファミコン用ソフト:1999年7月1日配信開始
 Wiiバーチャルコンソール版:2007年7月17日配信開始
 Wii Uバーチャルコンソール版:2013年8月21日配信開始
・夏の終わりに一夏の冒険を。


『ポケモンスナップ』ファーストインプレッション(2007.12.05)
『ポケモンスナップ』紹介(2008.04.09)
<発売:任天堂、開発:HAL研究所(ジャックアンドビーンズ)/カメラアクション>
 NINTENDO64用ソフト:1999年3月21日発売
 Wiiバーチャルコンソール版:2007年12月4日配信開始
 Wii Uバーチャルコンソール版:2016年4月6日配信開始
・9年前に発売された「Wiiっぽいゲーム」


「ROOMMATE~井上涼子~三部作」紹介(2021.03.27)
<発売:データム・ポリスター/恋愛アドベンチャーゲーム>
『ROOMMATE~井上涼子~』
 セガサターン用ソフト:1997年2月14日発売
『ROOMMATE~涼子 in Summer Vacation~』
 セガサターン用ソフト:1997年9月25日発売
『ROOMMATE~涼子 風の輝く朝に~』
 セガサターン用ソフト:1998年4月29日発売
・今では当たり前となった「時計・カレンダーと連動する」黎明期のゲーム
・生活にゲームが寄り添うのではなく、ゲームに私達の生活を合わせていく
・ギャルゲーを遊んでる諸君!「現実の女」って死ぬほど面倒くさいぞ!

1枚目 2枚目 3枚目


『リアルサウンド ~風のリグレット~』紹介(2018.11.08)
<発売:ワープ/インタラクティブサウンドドラマ>
 セガサターン版:1997年7月18日発売
 ドリームキャスト版:1999年3月11日発売
・「映画の主役になれるゲーム」の次は「ラジオドラマの主役になれるゲーム」だ!
・音しかないことを活かして、それぞれの「地元の風景」を思い起こさせる
・良くも悪くも「遊ぶ人の気持ちを考えない」飯野さんの作家性を許容できるか

1枚目 2枚目 3枚目


『マーヴェラス ~もうひとつの宝島~』紹介(2014.05.15)
<発売:任天堂/アクションアドベンチャー>
 スーパーファミコン用ソフト:1996年10月26日発売
 Wii Uバーチャルコンソール版:2014年2月12日配信開始
・任天堂のアドベンチャーゲームの集大成であり、到達点
・勇者ではない「普通の子ども達」の大冒険が描かれる
・取っつきやすく始まり、終盤は歯ごたえ十分という流石の難易度調整

marvelas1-2.jpg marvelas2-2.jpg


『サクラ大戦』紹介(2018.12.04)
<発売:セガ/ドラマチックアドベンチャー>
 セガサターン用ソフト:1996年9月27日発売
 ドリームキャスト用ソフト:2000年5月25日発売
 プレイステーション2用ソフト:2003年2月27日発売 ※リメイク版
 PSP用ソフト:2006年3月9日発売 ※サターン版『1』と『2』のセット
・恋愛ADV+戦略SLG……とは、思ってはいけない!
・「ロボットアニメあるある」を再現しつつも、「どこにもないロボットアニメ」を作る
・セガはいつだって10年・20年先を走るのである……

1枚目 2枚目 3枚目


『バイオハザード』紹介(2018.06.14)
<発売:カプコン/サバイバルホラー>
 プレイステーション用ソフト:1996年3月22日発売
 セガサターン用ソフト:1997年7月25日発売
 Windows用ソフト:1997年9月14日発売
 ゲームキューブ用ソフト:2002年3月22日※リメイク版
 Wii用ソフト:2008年12月25日※リメイク版
 ニンテンドーDS版:2006年1月19日発売※『Deadly Silence』
 プレイステーション3用ソフト:2014年11月27日発売※リメイク版のHD版
 Xbox360ダウンロード専用ソフト:2014年11月27日配信開始※リメイク版のHD版
 プレイステーション4ダウンロード専用ソフト:2015年1月20日配信開始
 ※リメイク版のHD版
 Xbox Oneダウンロード専用ソフト:2015年1月20日配信開始※リメイク版のHD版
 Windowsダウンロード専用ソフト:2015年1月20日配信開始※リメイク版のHD版
 ※PS4とXboxOneには『バイオハザード0』のHDリマスター版とセットのパッケージ版がある
・「固定カメラ」に「ラジコン操作」に「銃攻撃」が、三位一体となって恐怖を作る!
・遊びやすさを追求したRPGが失った、「限られたリソースのやりくり」の緊張感
・「探索」と「謎解き」の要素がギュギュっと詰め込まれた密度の濃い洋館

1枚目 2枚目


『スーパーマリオRPG』ファーストインプレッション(2008.07.04)
『スーパーマリオRPG』紹介(2008.07.23)
<発売:任天堂、開発:スクウェア/RPG>
 スーパーファミコン用ソフト:1996年3月9日発売
 Wiiバーチャルコンソール版:2008年6月24日発売
 Wii Uバーチャルコンソール版:2015年8月5日発売
 ※ 2017年10月5日発売のミニスーパーファミコンにも収録されています。
・まるでファイナルファンタジー6.5?


『マリオのスーパーピクロス』紹介(2007.06.18)
<発売:任天堂、開発:エイプ&ジュピター/パズル>
 スーパーファミコン用ソフト:1995年9月14日発売
 Wiiバーチャルコンソール版:2006年12月19日配信開始
 Wii Uバーチャルコンソール版:2013年4月27日配信開始
 New3DSバーチャルコンソール版:2016年11月28日配信開始


『Dの食卓』紹介(2018.06.14)
<発売:三栄書房、開発:ワープ/3Dアドベンチャーゲーム>
 3DO用ソフト:1995年4月1日発売
<発売・アクレイム、開発:ワープ/3Dアドベンチャーゲーム>
 セガサターン用ソフト:1995年7月28日発売
 プレイステーション用ソフト:1995年12月1日発売
・「映画のようなゲーム」というより「映画の主人公になれるゲーム」
・普段ゲームを遊ばない人のために、アクション要素もゲームオーバーも(ほぼ)ない
・遊べば遊ぶほど前回の経験が活きる死に戻りゲー

1枚目 2枚目



↓ここから1990年~1994年に発売されたソフト↓

【1990年~1994年に発売されたソフト】

『スーパードンキーコング』紹介(2007.01.10)
<発売:任天堂、開発:レア社/アクション>
 スーパーファミコン用ソフト:1994年11月26日発売
 ゲームボーイカラー用ソフト:2001年1月21日発売 ※『ドンキーコング2001』
 ゲームボーイアドバンス用ソフト:2003年12月12日発売
 Wiiバーチャルコンソール版:2006年12月12日配信開始
 Wii Uバーチャルコンソール版:2014年11月26日配信開始
 New3DSバーチャルコンソール版:2016年3月4日配信開始
 ※ 2017年10月5日発売のミニスーパーファミコンにも収録されています。


『ライブ・ア・ライブ』紹介(2015.07.20)
<発売:スクウェア/ロールプレイング>
 スーパーファミコン用ソフト:1994年9月2日発売
<発売:スクウェア・エニックス、開発:スクウェア/ロールプレイング>
 Wii Uバーチャルコンソール版:2015年6月24日配信開始
 New3DSバーチャルコンソール版:2016年11月28日配信開始
・7人の漫画家がキャラデザを手がける、全く別の7つのゲーム
・しかし、共通する「RPG」という枠組みに、「RPG」の無限の可能性を感じられる
・7つの世界を表現する見事なドット絵グラフィック!



『MOTHER2 ギーグの逆襲』紹介(2013.04.08)
<発売:任天堂、開発:エイプ&HAL研究所/RPG>
 スーパーファミコン用ソフト:1994年8月27日発売
 Wii Uバーチャルコンソール版:2013年3月20日配信開始
 New3DSバーチャルコンソール版:2016年3月4日配信開始
・この「イヤなヤツ」は俺だ。
mother2-2.jpg mother2-1.jpg


『サムライスピリッツ』ファーストインプレッション(2007.10.17)
<発売:SNK/対戦格闘ゲーム>
 アーケード用ソフト:1993年7月7日稼働開始
 ネオジオROM版:1993年8月11日発売
 ネオジオCD版:1994年9月9日発売
<発売:タカラ/対戦格闘ゲーム>
 ゲームボーイ用ソフト:1994年6月30日発売※熱闘サムライスピリッツ
 スーパーファミコン用ソフト:1994年9月22日発売
<発売:セガ、開発:ザウルス/対戦格闘ゲーム>
 メガドライブ用ソフト:1994年11月18日発売
<発売:タカラ/対戦格闘ゲーム>
 ゲームギア用ソフト:1994年12月26日発売
<発売:BMGビクター/対戦格闘ゲーム>
 3DO用ソフト:1995年2月10日発売
<発売:ジャパンホームビデオ/対戦格闘ゲーム>
 FM TOWNS版:1995年4月26日発売
<配信:D4エンタープライズ/対戦格闘ゲーム>
 Wiiバーチャルコンソール版:2007年10月16日配信開始
<配信:SNKプレイモア/対戦格闘ゲーム>
 プレイステーション3&PSPダウンロード専用ソフト:2010年12月22日配信開始
<配信:ハムスター/対戦格闘ゲーム>
 プレイステーション4用アケアカNEOGEO:2016年12月8日配信開始
 Xbox One用アケアカNEOGEO:2017年5月2日配信開始
 Nintendo Switch用アケアカNEOGEO:2017年7月20日配信開始
 ※ 1998年3月26日発売のPSソフト『サムライスピリッツ 剣客指南パック』(2007年5月31日にはゲームアーカイブス版も配信開始)、2008年7月24日に発売されたPS2&Wiiソフト『サムライスピリッツ 六番勝負』、2009年5月21日発売のPSPソフト『SNK ARCADE CLASSICS Vol.1』にも収録


『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』紹介(2006.10.14)
<発売:任天堂/アクションアドベンチャー>
 ゲームボーイ用ソフト:1993年6月6日発売
 ゲームボーイ(カラー対応)用ソフト:1998年12月12日発売 ※『DX』
 3DSバーチャルコンソール版:2011年6月8日配信開始※『DX』


『星のカービィ 夢の泉の物語』紹介(2007.03.12)
<発売:任天堂、開発:HAL研究所/アクション>
 ファミリーコンピュータ用ソフト:1993年3月23日発売
 ゲームボーイアドバンス用ソフト:2002年10月25日発売 ※リメイク版
 Wiiバーチャルコンソール版:2007年2月27日配信開始
 3DSクラシックス版:2012年4月25日配信開始
 Wii Uバーチャルコンソール版:2013年4月17日配信開始
 Wii Uバーチャルコンソール版:2014年4月30日配信開始 ※リメイク版
 ※ 2012年7月19日発売のWiiソフト『星のカービィ 20周年スペシャルコレクション』や、2016年11月10日発売のミニファミコンにも収録されています。


『アルバートオデッセイ』紹介(2010.12.04)
<発売:サンソフト、開発:東海エンジニアリング/シミュレーションRPG>
 スーパーファミコン用ソフト:1993年3月5日発売
 Wiiバーチャルコンソール版:2010年10月19日配信開始
 Wii Uバーチャルコンソール版:2015年7月29日配信開始
・ゲームはコレで良い


『いけいけ!熱血ホッケー部 「すべってころんで大乱闘」』紹介(2015.02.15)
<発売:テクノスジャパン/アクション>
 ファミリーコンピュータ用ソフト:1992年2月7日発売
<配信:アークシステムワークス、開発:テクノスジャパン/アクション>
 Wiiバーチャルコンソール版:2009年8月18日配信開始
 3DSバーチャルコンソール版:2013年8月7日配信開始
 Wii Uバーチャルコンソール版:2014年6月19日配信開始
・「サッカー」とは違う、「アイスホッケー」ならではのスピード感
・倒した敵の「コスチューム」を奪って強くなる成長要素
・敵に合わせて様々なプレイスタイルを変えられる戦略性

WiiU_screenshot_GamePad_0160A_2015021421464980e.jpg WiiU_screenshot_GamePad_0160A_201502141617376b1.jpg WiiU_screenshot_GamePad_0160A_2015021416281590c.jpg


『メタルスレイダーグローリー』ファーストインプレッション(2007.12.18)
『メタルスレイダーグローリー』紹介(2008.02.06)
<発売:HAL研究所/アドベンチャー>
 ファミリーコンピュータ用ソフト:1991年8月30日発売
 Wiiバーチャルコンソール版:2007年12月18日配信開始 ※ファミコン版
 Wii Uバーチャルコンソール版:2015年7月1日配信開始 ※ファミコン版
<発売:任天堂、開発:HAL研究所/アドベンチャー>
 スーパーファミコン用ソフト:2000年11月29日発売
 Wii Uバーチャルコンソール版:2015年12月9日配信開始 ※スーファミ版
・3年遅く、15年早かった魂の一作!


『がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻』紹介(2007.05.20)
<発売:コナミ/アクション>
 スーパーファミコン用ソフト:1991年7月19日発売
 Wiiバーチャルコンソール版:2007年3月13日配信開始
 Wii Uバーチャルコンソール版:2013年9月4日配信開始
 New3DSバーチャルコンソール版:2016年6月4日配信開始
 ※ 2005年4月21日発売のGBAソフト『傑作選!がんばれゴエモン1・2 ゆき姫とマッギネス』にも収録、2017年10月5日発売のミニスーパーファミコンにも収録されています。


『熱血高校ドッジボール部 サッカー編』紹介(2014.06.18)
<発売:テクノスジャパン/サッカー>
 ファミリーコンピュータ用ソフト:1990年5月18日発売
<発売:ナグザット、開発:テクノスジャパン/サッカー>
 PCエンジンSUPER CD-ROM²用ソフト:1991年12月20日発売 ※『CDサッカー編』
 PCエンジン用ソフト:1992年4月3日発売 ※『PCサッカー編』
<発売:アークシステムワークス、開発:テクノスジャパン/サッカー>
 Wiiバーチャルコンソール版:2008年10月7日配信開始 ※ファミコン版準拠
 3DSバーチャルコンソール版:2013年5月22日配信開始 ※ファミコン版準拠
 Wii Uバーチャルコンソール版:2014年3月19日配信開始 ※ファミコン版準拠
・「日本代表の選手」すら一人も有名でない時代のサッカーゲーム
・あの時代にちゃんと「サッカーの楽しさ」をゲームで表現していた!
・ゲームを理解するとガンガン攻略できる絶妙な難易度

kunio-soccer2.jpg



↓ここから1985年~1989年に発売されたソフト↓

【1985年~1989年に発売されたソフト】

『クインティ』紹介(2014.07.12)
<発売:ナムコ、開発:ゲームフリーク/アクション>
 ファミリーコンピュータ用ソフト:1989年6月27日発売
 Wii Uバーチャルコンソール版:2014年7月2日配信開始
・ゲーム好きが集まって作ったインディーズ制作のファミコンソフト
・「めくる」「歩く」という二つの操作だけで遊べるのに、ちっとも“単純なゲーム”ではない
・“9種類の敵”と“5×7マスのパネル”でこんなにも多彩なステージが作れるのか!

WiiU_screenshot_TV_01715_2014071120173210c.jpg WiiU_screenshot_TV_01715_20140711203244013.jpg WiiU_screenshot_TV_01715.jpg


『ファミコン探偵倶楽部PARTII うしろに立つ少女』紹介(2008.05.12)
<発売:任天堂/アドベンチャー>
 ディスクシステム用ソフト:1989年5月23日(前編)、6月30日(後編)発売
 ゲームボーイアドバンス用ソフト:2004年8月10日発売
 Wiiバーチャルコンソール版:2009年12月22日配信開始
 3DSバーチャルコンソール版:2013年5月1日配信開始
 スーパーファミコン用ソフト:1998年4月1日配信開始 ※リメイク版
 Wiiバーチャルコンソール版:2008年4月30日配信開始 ※リメイク版
 Wii Uバーチャルコンソール版:2013年7月31日配信開始 ※リメイク版
 New3DSバーチャルコンソール版:2017年8月23日配信開始 ※リメイク版



『スーパーマリオブラザーズ3』紹介(2018.10.28)
<発売:任天堂、プログラム:SRD/横スクロール2Dアクションゲーム>
 ファミリーコンピュータ用ソフト:1988年10月23日発売
 ゲームボーイアドバンス版:2003年7月11日発売 ※リメイク版
 Wiiバーチャルコンソール版:2007年12月11日配信開始
 3DSバーチャルコンソール版:2013年1月1日配信開始
 Wii Uバーチャルコンソール版:2013年12月25日配信開始
 GBA版のWii Uバーチャルコンソール版:2015年12月29日配信開始 ※リメイク版
※その他、ニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータに収録されていたり、『ファミリーコンピュータNintendo Switch Online』で遊べるラインナップだったりする他、スーパーファミコン用ソフト『スーパーマリオコレクション』そのWii移植版にもリメイク版が収録されています
・砂漠の国、海の国、空の国……世界中を冒険する旅がここから始まる!
・新変身はアクションが苦手な人の救済を兼ねるシリーズ伝統の始まり
・以後のシリーズには受け継がれなかった2人協力プレイの面白さ

1枚目 2枚目 3枚目"



『ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者』ファーストインプレッション(2007.10.16)
『ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者(前後編)』紹介(2007.11.06)
<発売:任天堂、開発:トーセ/アドベンチャー>
 ディスクシステム用ソフト:1988年4月27日(前編)、6月14日(後編)発売
 ゲームボーイアドバンス用ソフト:2004年8月10日発売
 Wiiバーチャルコンソール版:2007年10月16日配信開始
 3DSバーチャルコンソール版:2013年4月24日配信開始
 Wii Uバーチャルコンソール版:2014年5月28日配信開始
・メッセージスピードの遅さに耐えられれば…


『ダウンタウン熱血物語』ファーストインプレッション(2007.10.23)
『ダウンタウン熱血物語』紹介(2007.11.23)
<発売:テクノスジャパン/アクション>
 ファミリーコンピュータ用ソフト:1989年4月25日発売
<発売:ナグザッド、開発:KID/アクション>
 PCエンジンSUPER CD-ROM²用ソフト:1993年12月24日発売
<発売:アトラス、開発:ミリオン/アクション>
 ゲームボーイアドバンス用ソフト:2004年3月5日発売 ※『ex』
<発売:アークシステムワークス、開発:テクノスジャパン/アクション>
 Wiiバーチャルコンソール版:2007年10月23日配信開始
 プロジェクトEGG版:2010年3月23日配信開始
 3DSバーチャルコンソール版:2012年11月28日配信開始
 Wii Uバーチャルコンソール版: 2015年8月5日配信開始
 ※ 2016年11月10日発売のミニファミコンにも収録されています。
・1コインで遊べるファミコン時代の大傑作


『熱血高校ドッジボール部』ファースト(?)インプレッション(2008.06.18)
<発売:テクノスジャパン/アクション>
 ファミリーコンピュータ用ソフト:1988年7月26日発売
<配信:アークシステム、開発:テクノスジャパン/アクション>
 Wiiバーチャルコンソール版:2008年6月17日配信開始
 プロジェクトEGG版:2010年4月13日配信開始
 3DSバーチャルコンソール版:2013年3月6日配信開始
 Wii Uバーチャルコンソール版:2013年12月18日配信開始


『ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島』紹介(2007.06.27)
<発売:任天堂、開発:パックス・ソフトニカ/アドベンチャー>
 ディスクシステム用ソフト:1987年9月4日(前編)、9年30日(後編)発売
 ゲームボーイアドバンス用ソフト:2004年8月10日発売
 Wiiバーチャルコンソール版:2007年6月19日配信開始
 3DSバーチャルコンソール版:2013年6月5日配信開始
 Wii Uバーチャルコンソール版:2013年9月18日配信開始


『ゼルダの伝説』紹介(2009.03.06)
<発売:任天堂/アクションアドベンチャー>
 ディスクシステムソフト用ソフト:1986年2月21日発売
 ファミリーコンピュータ用ソフト:1994年2月19日発売
 ゲームボーイアドバンス用ソフト:2004年2月14日発売 ※ファミコン版準拠
 Wiiバーチャルコンソール版:2006年12月2日配信開始 ※GC版準拠
 3DSバーチャルコンソール版:2011年12月22日配信開始 ※ファミコン版準拠
 Wii Uバーチャルコンソール版:2013年8月28日配信開始 ※GC版準拠
 ※ 2016年11月10日発売のミニファミコンにも収録されています。
・『ドラクエ』以前のRPG



↓ここから1980年~1984年に発売されたソフト↓

【1980年~1984年に発売されたソフト】

『マリオブラザーズ』紹介(2014.07.30)
<発売:任天堂/アクション>
 アーケード用ソフト:1983年7月14日稼働開始
 ファミリーコンピュータ用ソフト:1983年9月9日発売
 ディスクシステム用ソフト:1988年11月30日配信開始 ※『帰ってきた』
 ゲームボーイアドバンス用ソフト:2004年5月21日発売 ※ファミコン版準拠
 Wiiバーチャルコンソール版:2006年12月12日配信開始 ※ファミコン版準拠
 3DSバーチャルコンソール版:2013年5月8日配信開始 ※ファミコン版準拠
 Wii Uバーチャルコンソール版:2013年5月29日配信開始 ※ファミコン版準拠
<配信:ハムスター/アクション>
 Nintendo Switch用アーケードアーカイブス:2017年9月27日配信開始
 ※ 2016年11月10日発売のミニファミコンにも収録されています(※ファミコン版準拠)。
・実は「マリオシリーズ」においては特異な存在
・「1種類のステージ」と「3種類の敵」だけなのに、色んなことが起こるんだ
・“完成された遊び場”

WiiU_screenshot_TV_0107B_20140726100338df7.jpg WiiU_screenshot_TV_0107B_20140726100338df7.jpg



↓ここからフリーゲームのソフト↓

【フリーゲーム】
『アグニの神』紹介(2008.07.29)
<作者:今曰花さん/公開時期:2007年5月~>
<フリーゲーム/寸劇>


『魔壊屋姉妹。』紹介(2006.11.15)
<作者:higaさん/公開時期:2006.09.08~※ 現在は公開終了しています>
<フリーゲーム/RPG/公式サイト


『風雲相討学園フラット』紹介(2006.08.06)
<作者:yizumiさん/公開時期:2005年~(?)>
<フリーゲーム/恋愛アドベンチャー/公式サイト


『洞窟物語』紹介(2006.03.09)
<作者:開発室Pixelさん/公開時期:2004年12月~>
<フリーゲーム/アクションアドベンチャー>
DSi版3DS版3Dリメイク版あり>


『アイ・舞・ミー』紹介(2005.07.02)
<作者:林屋斬紅郎さん/公開時期:2003年~(?)>
<フリーゲーム/対戦格闘ゲーム>


『シルフェイド幻想譚』紹介(2005.04.21)
<作者:SmokingWOLFさん/公開時期:2005年~>
<フリーゲーム/RPG/公式サイト


『水色の塔』紹介(2005.03.16)
<作者:犬と猫さん/公開時期:2003.11.09~>
<フリーゲーム/シンプルなダンジョン探索RPG/公式サイト


『レミュオールの錬金術師』紹介(2004.11.27)
<作者:犬と猫さん/公開時期:2004.04.29~>
<フリーゲーム/やりこみ系店舗経営シミュレーション/公式サイト


『LADY PEARL』紹介(2004.08.26)
<作者:紫部唯さん/公開時期:2003.12.08~2006.07.22>
<フリーゲーム/RPG>

| ゲーム雑記 | 17:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本一遅い『M-1グランプリ 2019 決勝』の感想をネタバレなしで書きます!

 昨年の12月22日に行われて全国中継もされた『M-1グランプリ 2019 決勝』の録画を、1年かけて先日ようやく見終わりました! 面白かったです。


 しかし、今日みたいな記事のタイトルにすると、十中八九「“日本一遅い”だなんて断言するのはおかしい」「クソデカ主語かよ」「オマエより後に感想を書いた人がいたらどう責任を取るんだ」「とりあえず死ね」とコメント欄に書かれたり、コメントを書かなくても脳内で思い描く人がいたり、「わたしはそんなことは思いませんが、そういうことを書かれてやまなしさんが傷つくかも知れないので“日本一”のところだけでも消しませんか」とか親切心で言ってくる人が出てきたりすることは想像に難しくありません。


 私は、そんなクソみたいなイチャモンに屈する気はありません!
 私は間違った記事タイトルなんて付けていないのですから!


 この記事がアップされるのは2020年の12月19日20時00分00秒のはずです。

 2019年のM-1決勝は昨年の12月22日に行われたのですから、昨年の12月22日からたくさんの感想が書かれたことでしょう。雑誌だったり、ブログだったり、Twitterだったり、インスタだったり、Mastodonだったり、Mixiだったり、YouTubeの動画で時々ある文字だけが流れるヤツだったり。恐らく何万という感想が既に世に出ているでしょう。仮に、その感想が今日までに70000あったとします。


 私の1年遅れの感想記事は、日本で70001番目の感想記事です。
 「オマエより後に感想を書いた人がいたらどう責任を取るんだ」と私に言ってくる人や脳内で思った人は、私が書いた2020年の12月19日20時00分00秒以降に70002番目の記事が現れるかも知れないのに、“日本一遅い”だなんて断言するなと言いたいのでしょう。

 しかしですね。
 私が書いた2020年の12月19日20時00分00秒の時点で、2020年の12月19日20時00分01秒以降の出来事を予測することは不可能なんですよ。



 例えばの話です。
 陸上の100m走の日本記録で言えば―――2017年9月9日に桐生祥秀が9.98秒の記録で走って日本記録を樹立しました。その2年後の2019年6月7日にサニブラウン・アブデル・ハキームが9.97秒で走り、この記録は塗り替えられてしまうのですが。

 2017年の桐生祥秀に、「いや、アンタは2019年にサニブラウンに抜かれるからこの記録は日本記録じゃなくて歴代2位だよ」なんて言える人はいません。2017年の私達に2019年は観測できないのですから。あくまで2017年9月9日までの記録で、日本記録と言ってイイはずなんです。



 ということは、2020年の12月19日20時00分00秒の私には、2020年の12月19日20時00分01秒以降は観測できないのですから、「日本一遅い」と明言してしまっても構わないはずなんです。仮に2020年の12月19日20時00分01秒にサニブラウンのような人が現れて『M-1グランプリ 2019 決勝』の感想を書いたとしても、2020年の12月19日20時00分00秒の時点で私が日本一遅かったことは間違っていないんです。


nihoniti.png

 ということは、ですよ。
 ありとあらゆる全ての感想記事は、「日本一遅い」んです。

 仮に新作のゲームの発売日に急いでクリアして感想を書いたとしても、その時点では「日本一遅い」し、その10秒後に感想を書いた人も「日本一遅い」のです。私達のやることは常に「日本一遅い」ことからは逃れられないんです。それが、私達が抗えない時間の流れなんです。


| ひび雑記 | 20:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『鬼滅の刃』のヒットの要因の解説の記事

 いやぁ~、『鬼滅の刃』が滅茶苦茶ヒットしていますね。
 映画は日本の歴代興行収入1位になることはもう間違いないだろうし、原作漫画の最終巻はとんでもない初版数だったにも関わらず入手困難と、異次元の大ヒットを飛ばしています。


 どうして『鬼滅の刃』はヒットしたのか?
 多くの人がその要因を考察して解説しているのを私も見ましたが、『鬼滅の刃』のここが斬新だったんだよみたいにムリヤリに理由を説明しようとして「そんなん他の作品にも当てはまるわボケェ」とツッコミたくなるものがほとんどでした。

 そうなんです、『鬼滅の刃』は別に「とてつもなく画期的で斬新だから大ヒットした」のではなく、それまでの多くのヒット作が大事にしてきたものを踏襲して昇華したからこその大ヒットだと思うんです。ヒット作とは「新しいから」「他にはそんなものはなかったから」ヒットするのではなく、「過去の名作の良いところをしっかりと受け継いでいるからヒットする」のです。


 では、その「『鬼滅の刃』が過去の名作から受け継いだヒットの要因」とは何なのか、解説しましょう。


 それは、


 タイトルに「の」が含まれていることです。


 『鬼滅刃』と、「の」が入っていますよね。
 同様に、日本の歴代ヒット作品のタイトルには大抵「の」が含まれているんです。



 有名なのは、宮崎駿作品ですね。

 『風ナウシカ』
 『天空城ラピュタ』
 『となりトトロ』
 『魔女宅急便』

 そのため、『もののけ姫』は「の」を2つ入れたなんて話がありますし。
 『千と千尋神隠し』『ハウル動く城』も「の」が入ります。


 宮崎駿監督作品以外でも、日本映画の歴代興行収入上位を見れば―――
 『君名は。』
 『アナと雪女王』
 『ハリー・ポッターと賢者石』

 ほら、「の」が含まれている作品がズラッと並びますよね。
 タイトルに「の」を入れるのは、ヒット作品の定石なんです。



 映画は分かった、では漫画はどうなのかというと―――
 『鬼滅の刃』よりも前に国民的大ヒットを飛ばしていたダークファンタジーと言えば、そうです。

 『進撃巨人』

 これも「の」が入っていますよね。
 映画というジャンルに限らず、もはやすべての国民的ヒット作には「の」が入っていると言っても過言ではないのです。


 『進撃の巨人』『鬼滅の刃』は2010年代を代表するダークファンタジーですが、ゼロ年代を代表するダークファンタジーとして国民的大ヒットを飛ばしたのは―――

 『鋼錬金術師』

 これも「の」が入るんですねー。
 どうですか、「ヒット作のタイトルには「の」が含まれている説」、もう明日にはクラスや職場のみんなに話したくなっちゃったんじゃないですか?



 ダークファンタジーの分野に限らず、ライトノベルとかはどうなのかというと。
 ゼロ年代を席巻した代表作もまた「の」を含みます。

 『涼宮ハルヒ憂鬱』
 『灼眼シャナ』
 『とある魔術禁書目録』
 『化物語(ばけもがたり)』
 『俺妹がこんなに可愛いわけがない』

 これらもぜーーーんぶ、「の」が含まれているんですねー。
 すごいですねー。



 じゃあ、ゼロ年代後半から2010年代に人気になっていった日常系漫画はどうでしょうか?

 『けいおん!』

 ほら、これも「の」が含まれているんですよ。
 ここまで来ると、「の」業界との癒着を疑うレベルですy………



 え? なんですか?
 『けいおん!』には、「の」が含まれていないじゃないか? ですって!?

 そんな馬鹿なことがありますか。
 よーーーーーーく、見てくださいよ。


keion-1.png

keion-2.png

 ほら、タイトルに「の」が含まれているじゃないですか!
 やはりヒット作には「の」が含まれる説―――アリだと思います。




 ここまで読んで、「いや、やまなし、国民的大ヒット作品でも「の」が含まれていない作品があるだろう」と言いたくなったものがあるかも知れません。例えば、1990年代に始まって現在も大人気のあの探偵漫画です。

 『名探偵コナン』

 確かに、一見すると「の」は含まれていません。
 ですが、これらの文字を全部ひらがなにすると―――

conan-1.png

conan-2.png

conan-3.png

 むしろ2つも含まれているんですよ!
 そりゃ大ヒットするワケですねー。




 こんなカンジで「漢字やカタカナになっているから「の」が入っているか分かりづらい作品」もありますが、ひらがなに変換すれば「の」が含まれていることが分かるんですよ。例えば、1970年代に生まれて大ブームを起こしたこのロボットアニメなんかも―――


gundam-1.png

gundam-2.png

gundam-3.png

 ほら、「の」が含まれています!
 『アンパンマン』とかも、『あんぱんまん』とひらがなにすると「の」が含まれていることが分かりますよね。




 「ひらがなには大抵「の」が含まれているから反則だろう! やまなしはいつも自説のために都合の悪いことを無視するクソ野郎だ! 早く死ねばイイのに!」とまたコメント欄に書かれそうなんで、ひらがなに変換する以外の話もしましょう。

 こちらも1990年代から続いている大ヒット海賊漫画『ONE PIECE』はどうなのか? これは、別にひらがなに変換しないでも『の』が含まれているんですね。反則じゃなくて、れっきとして「の」が含まれているんですねー。



onepiece-1.png

 このロゴを左右反転させると―――

onepiece-2.png

onepiece-3.png

 ほら、「の」が含まれていることが分かりました!


 同様に、『DRAGON BALL』とか、『DRAGON QUEST』とか、『SUPER MARIO BROS.』にも「の」が含まれているんですね。もう、大抵の国民的大ヒット作品に「の」が含まれていることは疑いの余地はありませんし、『鬼滅の刃』がタイトルに「の」を入れたこともこれらのヒット作に倣ったと言っても過言ではなくもないんじゃないかと思わなくもないです。



 「え? じゃあ、『エヴァ』はどうなんだ? 『エヴァ』はひらがなにしても、アルファベットでも、「の」が含まれてなくないか?」という声が聞こえてきました。しかし、ここにもよーーーーく見ると、「の」が含まれているんですよ。よーーーーく見てくださいね。


 『新世紀エヴァンゲリのン』

 分かりやすくするために、全部ひらがなにしてみましょうか。ヴはひらがなに出来ないので、それ以外を。

 『しんせいきえヴぁんげりん』


 ほら! ちゃーんと「の」が含まれているでしょ!?
 ということで、みなさんも国民的大ヒットを狙って作品を作る際には、タイトルのどこかに「の」を含めてみてくださいね!


| 漫画読み雑記 | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12月4日16時~小説『だれもカノジョのカオをしらない』をカクヨムでも公開 & 今後の小説公開はカクヨムを軸にしていきます

――12月4日:追記――

 だれもカノジョのカオをしらない

 公開になりましたー。みんな読んでね!





 2019年9月に「LINEノベル」で、2020年3月に「小説家になろう」で公開していた小説『だれもカノジョのカオをしらない』(公式略称『カカない』)を、2020年12月4日からカクヨムでも公開していきます。

kakanai-list.png

 こんなカンジで、夕方から夜まで1日1編ずつ、1時間に1話ずつ公開していきます。

 んでもって、この作品は「第6回カクヨムWeb小説コンテスト」に応募しています。
 過去に読んでいるけどもう内容覚えていないなという人や、過去に読もうとしたけどメンドくさくて途中で投げちゃったという人も、この機会に読み直して★とか応援とかそういうヤツをたくさん下さるとありがたいです。


 やまなしレイのページ

 公開予約中の小説ページはまだ出来ていないっぽいので、作者のページをどうぞ。
 登録だけしたけどほぼ使っていなかったことがバレる作者ページだな!



 んでですね、前後が逆転してしまうんですけど……今後は、小説を書いて投稿していく場所は「カクヨム」を基本的に使っていくことにしました。今まで色んな小説投稿サイトを使ってきましたが、カクヨムがいろんなことのバランスが一番良かったと思いましたんで。なので作者ページもフォローしていただけるとありがたいです。

 そして、12月中に『カカない』とは別の小説を、カクヨムにて連載開始しようと思っています。
 詳しくはまた別の記事に書きますが、こちらは完結まで書きあがっているとかではなくて1話ずつゆったりまったりと書いていこうと思っています。どうしても2020年内に始めないといけない作品なんで、ここに書いておくことで退路を断っておく! がんばれ、未来の私!


 色んなことをダダ―ッと書きましたが、順番的には逆なんですね。

・どうしても2020年内に書き始めたい小説がある
→ どこで公開しようかなー、カクヨムが一番かなー
→ カクヨムで新作を書くなら、旧作(『カカない』のこと)も載せちゃおうかな
→ お、ちょうどコンテストが始まる時期じゃん。ついでに応募しておくか!


 こんなカンジ。
 カクヨムにユーザー登録していないやーって人は今の内に登録して、フォローして下さるとありがたい。

| 小説創作 | 19:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |